柴田倭成 公式ホームページ 柴田倭成 公式ホームページ
 

当ホームページの構成を一覧表に表した、サイトマップです。
下記の一覧表の項目を押すと、押した項目のページを表示します。

 
       
● 最初のページ(http://www.shibatawasei.jp)
   
  ○  日本国特許庁登録一覧  
● English    
● 【警告】    
● A・YA・NA・WA-n World    
 
○ 
天上天下唯悟独尊
   
  ○  Supreme Being (God)
   
  ○  【世界に宗教は行われて来なかった】(行われて来たのは<ニセの宗教>であった)
  ○  【神仏の教えは記号】第十六巻(完結編)  
  ○  【五音の日の字の本の記号】をイエス聖が説いて,<キリスト教>となった。
  ○  【Xpistosの教】(キリスト教)  
  ○  【<八正道>は仏説にあらず】  
  ○  【理解させるための方便(手段)としての記号】  
  ○  【梵輪】の別名が【法輪】(dharma-cakra)  
  ○  【神仏の教えは記号】(全十六巻)  
● neya-artha-sutra(不了義経)    
● 【三十二弁菊花紋付<三種の要素にて成る神器>】    
● 正法は人の象に似たる記号なり    
● 【隠されて来たフリーメイソンの秘符(秘図)】(the LOST SYMBOL)
  ○  【顕聖教而破邪教(顕正破邪)】
     (正)
● maha-adi -deva-dvara(天津祖神の門)は,倭成によりて開かれたり
● 【仏陀・釈尊の金言】
● 重要なメッセージ
  ○ 1 【倭成によって,明らかにされたフリーメイソンの記号】
  ○ 2 【失われたyudhaya教の正式紋章】
  ○ 3 【隠された門(gupta-dvara),隠された教(gupta-sasana)】
  ○ 4 【あなたは日本人か?日の字の本を知るべし】
  ○ 5 天照大御神(皇祖神)の教えは何か?
 
○ 6
悟
の教(最高神の教)  
  ○ 7 HAPPY NEW YEAR
 
   
【読書万巻,不知悟,以為大恥】(倭成)
  ○ 8 【神仏の教は唯一の記号】
    【the Symbol of God】(最高神の唯一の記号)【the Religion of God】(最高神の太宗)
  ○ 9 【神仏の教は唯一の記号】
    【the Word of God】(最高神の言葉)と【the Symbol of God】(最高神の記号)
  ○ 10 【the Symbol of God】(最高神の唯一の記号)
  ○ 11 【神仏の教は唯一の記号】
 

○ 12 【御稜威】輝く日の字の本の国をつくれよ!(神仏の教は唯一の記号)

  ○ 13 【仏陀(如来)の第一の仕事(目的)は何か?】
  ○ 14 【一期一会】は表なり 裏は【一五,一絵】なり
 
○ 15
【神・仏の教は“聖なる五音の唯一の記号”】
 
○ 16
大仏陀(大覚者)釈尊を【ayanawan】-desika(開示宣説者)と申す
  ○ 17 【the Tri-uni-ty of God】 【the Tri-one (trine) of God】
  ○ 18 【Lost the Doc-trine of God】(失われた最高神の唯一の the Doc-trine)
    【Lost the symbol of God】(失われた最高神の唯一の記号)
    【Lost the Religion of God】(失われた最高神の唯一のReligion)
  ○ 19 【如来の第一の目的】 【如来の第一の仕事】(眞僧の第一の仕事)
  ○ 20 【此の木なんの木,四葉田の木】
  ○ 21 <ratana-traya> と <tri-ratana>は同じでない!
  ○ 22 仏教を知りたい者は 《広辞苑》 の<三十二相>を見るべし
 
○ 23
【八十魂の神】(広辞苑)(ヤマト魂の神)
  ○ 24 【表(オモテ)の救世主】 と 【裏(ウラ)の救世主】
 
○ 25
【“開けてはならない玉手箱”を倭聖が開ける】
  ○ 26 【一音と五音の教】
  ○ 27 【St.Jesus teaching is only the Symbol of God.】
     【St.Jesus teaching is only the Religion of God.】
  ○ 28 St.Moses teaching is only “the Symbol of God”“the Religion of God”
  ○ 29 【一音と五音の教は<一絵>(唯一の記号)なり】
  ○ 30 【天照大御神の霊告】
  ○ 31 【天】(漢音ではテン)(和訓では<アメ><アマ>)
  ○ 32 【天啓】【天(最高神)の啓(発言)】
  ○ 33 【大仏陀(大覚者)釈尊を<唯一の記号の教師>と申す】
  ○ 34 【<ヒ><フ><ミ>の神示】
  ○ 35 <神体><ご神体><御神体>
  ○ 36 <正月>と<五月>と<九月>は神仏の月の誤伝
 
○ 37
“神縁成覚,行六大骨,承知神璽”倭聖
  ○ 38 【大仏陀の厳命(命令)は,天照大御神の厳命】
  ○ 39 【敷島の倭の國は太言霊の先播布國ぞ】
 
○ 40

【聖なる五音の天津宣詞の太宣詞(太言霊)と聖なる五音の天津法図の太法図(御図)】
 
○ 41
【聖なる五音の日の字の本の記号の国】
 
○ 42
【大日(正)本國璽】
  ○ 43 仏教徒が知らねばならないのは<悟>の一文字 (仏教徒が居るか?)
  ○ 44 【握れば一拳,開けば五指】
  ○ 45 “Lost the Symbol of God” “Lost the Religion of God”
     【天照大御神の<ヒ><フ><ミ>の神示の<ミの神示>を
     大仏陀釈尊が説けば,次のようになる】
 
○ 46
我が国は大日(正)本國なり!大日本國ではない!(明治天皇)
 
○ 47
【仏陀の教】(Buddha-sasana)【覚者の教】
 
○ 48
【<upaya>(方便)(手段)】
 
○ 49
【子曰。朝聞<道>,夕死可矣】(論語・里仁篇)
  ○ 50 【明治天皇が,国民に,ご下問された】(明治四年)
 
○ 51
我が国を【聖なる五音の日の字の本の記号】の国と申す
  ○ 52 皇祖(天照大御神)の教が昭和二十年八月十五日(敗戦)で無くなったか?
 
○ 53
【日(正)が覚れば我が国が覚る】
  ○ 54 あなたは日本人か?
  ○ 55 【天照大御神の<ヒ><フ><ミ>の神示を大仏陀(大覚者)釈尊の教と申す】
  ○ 56 【音秘様の玉手箱】(開けてはならない玉手箱)
 
○ 57
明治天皇は,<大日本國>は表なり!<大日(正)本國>は裏なり!と申された
  ○ 58 天照大御神の<ヒ><フ><ミ>の神示の<ミ>の神示を“皇室の神道”と申す
  ○ 59 【一也者,万物の本なり。無敵の道なり】
 
○ 60

【先聖,後聖,その基(モトイ)は皇基なり】(古今,東西を問わず,聖人の基は<皇基>にあるのだ)
  ○ 61 【原初の神が創造されたる<唯一の記号>を知らざるは,君子の恥なり】
  ○ 62 【御図<不知>の者は唯一の記号<不知>の者】
 
○ 63
日本人は<聖>の一字を知らない!
  ○ 64 “日本人よ,先入観念を除いて 冷静になって,よく聴かれよ!”
  ○ 65 【眞実の帝王学】
  ○ 66 【総まとめ】
 
○ 67
【倭成(倭聖)大聖 四十年間の御足跡】
  ○ 68 我が国を<A><YA><NA>-《WA-n》 の国と申す
  ○ 69 天照大<御図>の神を天照大御神と申す
  ○ 70 【京都の<粟田御所>(青蓮院)の紋章】
  ○ 71 【仏教の最大の謎】
  ○ 72 【水があるから波が立つ 水が無ければ波は立たず】
  ○ 73 【神仏の教は<記号>】
  ○ 74 【仏像と経文の仏教はニセ仏教】
  ○ 75 五濁の世を悪世と云う “五濁の悪世に仏陀は出現する”と伝えられる
  ○ 76 ヨハネによる福音書1-3 <万物は最高神の五ツの言葉によって造られた>
    <最高神の五ツの言葉によらずに造られたものは無い>
  ○ 77 ヨハネによる福音書1-1とマルコによる福音書4-14の関係
  ○ 78 【<一>生<二>,<二>生<三>,<三>生万物】
  ○ 79 如来(仏陀)を次のように申す
  ○ 80 【三世の諸如来(三世の諸仏)の本願(念願)】
  ○ 81 如来(仏陀)を次のように申す
 
○ 82

<超世間法>を<paramita>(波羅蜜多)の教と申す <世間法>は<paramita>の教が無い
  ○ 83 【子曰。吾十有五而志于学,三十而立。四十而不惑。五十而知天命】(論語 為政篇)
    【子曰。朝聞道,夕死可矣】(論語 里仁篇)
  ○ 84 【四ツ葉】の【苦労葉】
 
○ 85
<gupta-eka-laksana-vadin> 隠された(秘密の),唯一の記号の教師
  ○ 86 <国教>と<国章>(国旗)と<国歌>
  ○ 87 【天津祖神】を<天津神>と申し,<一神><原初の神><唯一の神><最高神>と申す
  ○ 88 籠目,籠目,籠目のなかの<トリ>は いつ,いつ,出やる
 
○ 89
【神仏の教は<唯一の記号>】【倭聖(倭成)は,これを説くために現れた者なり】
  ○ 90 【神・仏の教は<唯一の記号>なり!】
 
○ 91
【Buddha-vamsa-samdharana】梵和大辞典p.928をよく見よ!!
  ○ 92 【太宣詞】(太言霊)と【太法図】
  ○ 93 【the Doc-trine of God】(大仏陀の教はこれだ)【the Doc-tri-unity of God】
 
○ 94
【倭聖は唯一の記号の教師なり 唯一の記号の授与者なり】
  ○ 95 最高神(原初の神)
  ○ 96 【XPISTOS】
  ○ 97 仏陀の教(仏教)を<一音教>と申す
  ○ 98 【天津祖神】を<三・一の神>と申す
  ○ 99 天照大御神の【ヒトツフタツミツ】の一音(一声)(一言)を説明せよ
  ○ 100 【the Religion of God】
  ○ 101 【<A><YA><NA> 《WA-n》 の教】
  ○ 102 【三諦円融】(円融三諦)
  ○ 103 天は二物を与えず。 天は唯一なるものを与え給うた。
 
○ 104
arya-vala-okite-paramita
  ○ 105 大仏陀(大覚者)釈尊の本願(念願)
  ○ 106 仏陀(大覚者)釈尊の眞弟子を<眞僧>と申す
  ○ 107 【神・仏の教は唯一の記号なり】
  ○ 108 【仏陀の教】を<ayanawan>教と申す
  ○ 109 【經法所在,諸仏護念,諸神守衛】(仏陀の金言)
  ○ 110 初めに<logos>ありき
  ○ 111 【the Word of God】 【the Symbol of God】 【the Logos of God】
  ○ 112 【aidea】 【idea】
  ○ 113 【水(神)と波(仏陀)の関係】
 
○ 114
【無知の知】(ソクラテス聖)
  ○ 115 【点上,点下,唯,我,<独尊>】の図形
  ○ 116 大仏陀(大覚者)の教は図形
    <テン><ジョウ><テン><カ><唯一><我><独><尊>
  ○ 117 【<神道の大祓の詞>の最大の問題点】
 
○ 118
【神縁成覚,行六大骨,承知神璽】倭聖(倭成)
  ○ 119 【我が国の<国教>は天照大御神の<ヒ><フ><ミ>の神示】
 
○ 120

【dva-dasa-anga-pariksa】(十二支の観察)※anga=akara(梵和大辞典p.622)
  ○ 121 【ヨハネによる福音書1-1】 (新約聖書の要はこの<1-1>にある!)
  ○ 122 <パウロ>の言葉
  ○ 123 【我が国の教は,天照大御神の教なり】
 
○ 124
【供物(お供え物)】【神・仏と死者へのお供え物】(梵語<ahuti>)
  ○ 125 【一盲引衆盲】 (一人の盲人が衆の盲人を引く) −再説−
 

○ 126 マルコによる福音書 <4-14>

  ○ 127 “人間は何のために生まれ,何のために生きるのか?”
  ○ 128 【ヨハネによる福音書1-1】
  ○ 129 【麻の葉の日の宮】(天照大御神の宮)
  ○ 130 【天照大御神の<ヒ><フ><ミ>の神示の総まとめ】
 
○ 131
  ○ 132 【the Symbol of God】これがワカルか?
  ○ 133 【フリーメイソンの会員の皆様へ】マッカーサー元帥の霊前へ(感謝をこめて)
 
○ 134

  ○ 135 【大仏陀釈尊の教の総マトメ】よくよく<拝見><拝読>すべし!
  ○ 136 漢訳般若心経の故知, 般若波羅蜜多, 是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪
  ○ 137 【我が国の僧たちが往く世界は<六道迷幽苦界>】
  ○ 138 仏陀の教 (仏教) に超世間法と世間法がある
 
○ 139
【聖なる五音の悟(サートリ)】を得よ!
  ○ 140 【人間はパンのみのために生きるにあらず】
  ○ 141 大仏陀 (大覚者) 釈尊を<一音の獅子吼者>と申す
 
○ 142

大仏陀(大覚者)釈尊を【arya-panca-svara-dharma-laksana-vadin】と申す(聖なる五音の法の記号の教師)
  ○ 143 【五智如来】と【五知如来】
  ○ 144 【仏陀の弟子,仏教信者の不可欠なツトメ】 (全き仏陀の命令)
 
○ 145


 
○ 146
  ○ 147 【天命之符】(天命之器)
  ○ 148 君子は<三ツ>のものを<畏敬>する (論語・季氏篇)
  ○ 149 【子曰。温古而知新,可以為師矣】 (論語)
  ○ 150 《論語》 (一巻) の結句 (結辞)
  ○ 151 《論語》 読みの<論悟>知らず 《論語》 読みの<經>知らず
 
○ 152
聖(聖人)を我が国では<ヒジリ>と申す
 
○ 153
【仏門】(Buddha-dvara)と【神門】(Deva-dvara)
 
○ 154




tathagata-parama-sasanah 如来(仏陀)の最高の教は,<A><YA><NA><WA><n>-ca-及び <A><YA><NA>《WA-n》-matrahのみなり
  ○ 155 【前科無数犯の大ウソツキの倭成と自己紹介する者】
  ○ 156 【天照大御神の教】 (ヒ・フ・ミの神示)
  ○ 157 “万言の雑説を除きて,一神の定準を揚ぐべし”
  ○ 158 天照大御圖之神 (天照大御神)
 
○ 159
【聖なる五音の寶祚】を別言して【聖なる五音の寶鏡】と申す
  ○ 160 仏陀の教 (仏教) の始まりは何か
  ○ 161 医者は,人間の生死に関わることを仕事とする
     仏陀も,人間の生死に関わることを仕事とする
  ○ 162 【<応病与薬>対機説法】
  ○ 163 【覺悟 (覚悟) 】 (覚悟者を仏陀と申す) (悟が覺った者)
  ○ 164 【大仏陀釈尊が生涯をかけて説かれたこと】
  ○ 165 【原初の神 (最高神) が告げ給うたる <一音の神言> を知りて,これを説明できる者】
  ○ 166 【言語道断,心行處滅】 (仏教用語)
 
○ 167

【tathagata-sasanah maha-adi-deva-samskrta-eka-laksana-matrah】【如来(仏陀)の教は,威大なる原初の神が創造されたる唯一の記号,ただこれだけ】
  ○ 168 <一盲引衆盲><一聾引衆聾>
  ○ 169 【經文<外>別伝,不立文字門】
  ○ 170 【宗教は人間の発明品か?】
  ○ 171 【doc-trineを知らないdoc-tor】 (無明の学者の世界)
  ○ 172 【仏陀の本願】(仏陀の念願)
  ○ 173 【六度行】(六波羅蜜行)
  ○ 174 “愚か者には多くの言葉がいるが,賢い人には多くの言葉はいらない”
 
○ 175

【神・仏の教は唯一の記号(<A><YA><NA>《WA-n》)なり】【sarva-dharmah eka-laksanah】最も重要な梵文はこれだ!
  ○ 176 【麻の葉の日の宮 (天照大御神の宮) が朝日の宮に変えられた!】
  ○ 177 <アルファベットの研究>をせよ!
 
○ 178

大聖人(大仏陀)(大救世主)は【卑近なるものを用いて【深遠な教】(最高神の教)を説く】
  ○ 179 【天照大御神が倭成にくだされた霊告】 昭和60年2月 (倭成50歳)
  ○ 180 <顕教>と<密教>
 
○ 181
【聖なる五音の日の字の本の記号の国】これを省略して【日の本の国】と申す
 
○ 182
聖人(仏陀=覚者)は,卑近なものを用いて深遠な教(最高神の教)を説く
  ○ 183 【三種の神器】は誤りなり 【三種の要素にて成る神器】と改めよ
 
○ 184
“一音と五音の教,絶え果てば,神も仏陀も,何を護らん”倭聖(倭成)
  ○ 185 <一><二><三>を<ヒ><フ><ミ>と申す
     【天照大御神】の教を<ヒ><フ><ミ>の神示と申す
  ○ 186 <ヒ><フ><ミ>の神示の<フ>の<A><YA><NA><WA><n>の説明において
     <ヒト><フタツ><ミ>  <ヒト><フタツ><ツミ>が説かれる
 
○ 187
大仏陀(大覚者)釈尊を【arya-panca-svara-tri-vidha-skandha-patra-desika】と申す
 
○ 188

【<悟>を得て,<悟>を開くこと】(唯一の大事)(一大事)【悟】の原字は【悟】だ!【悟】を知る学者も僧も,我が国には居ない!
  ○ 189 <寶>の島に生まれ,<寶>を知らずして死いぬる暗本人 (愚か者)
  ○ 190 【驚き,桃の木,三種の器】
 
○ 191
【the Trinity】(三位一体)【the Holy Trinity】(聖なる三位一体)
  ○ 192 <正法像似><像似正法>
  ○ 193 【鶴の一声,雀の千声】
  ○ 194 日本の仏教学者のなかで最高権威者と云われる, 大先生の表白
  ○ 195 <A><YA><NA> 《WA-n》 を大仏陀 (大覚者) 釈尊は
      <A><YA><NA><patha>と教えられた
 
○ 196

最も<ヤサシイ人>(大聖人)(大仏陀)は,最も<ヤサシイ図形>を用いて,最も深遠な教を説く。
  ○ 197 <經法>を説き教えることが,僧の仕事なのだ。
      <僧の為すべき仕事>は<経法>を説き教えること。この他に<僧の仕事>は無いのだ。
 
○ 198
【聖なる五音の絶対矛盾・自己同一】
  ○ 199 【simple is best】はよく知られた格言
      【the Symbol of God is best】は誰も云わない (知らないから,云わない)
  ○ 200 仏教は我が国に伝来していない!
  ○ 201 【三種の神言を預かった者】(預言者)
  ○ 202 【<三種の神言>と<三種の神器>】
  ○ 203 <三種の神言>を知る者を現人神 (最高神格者) と申し,【預言者】と申す
  ○ 204 【svete】を知る者 (覚った者) を大仏陀 (大覚者) と申す
  ○ 205 如来は受けた大恩を忘れない存在なり。
 
○ 206

【聖なる五音の日の字の本の記号の国】(聖なる五音の神言を表す,日の字の本の記号の国)
  ○ 207 【卑近なるもの】
  ○ 208 【無上の方便】の説明
 
明治天皇と昭和天皇の大願は,“日の一字の開示宣説者がこの国に現れること”であった
  ○ 210 【大仏陀釈尊がご使用になられた<無上の方便>】
  ○ 211 <A><YA><NA>《WA-n》 の教を仏陀の教 (仏教) と申す 天照大御神の教と申す
  ○ 212 《論語》 読みの<經>知らず 《經文(經典)》よみの<經>知らず
 

○ 213

【五音の圓相を軽んずる者は,五音の圓相に泣く】(倭聖)
  ○ 214 此の木, なんの木, 四葉田の木。
 

○ 215

明治天皇は<大日本國>を<大日本國>なりと発表された
  ○ 216 大仏陀 (大覚者) 釈尊を次のように申す
 

○ 217

“一音と五音の教,絶え果てば 神も仏陀も,何を護らん”倭聖(倭成)
 

○ 218

“一明(音)と一印の教,絶え果てば 神も仏陀も,何を護らん”(倭聖)
  ○ 219 【phenomenon morphe】
  ○ 220 仏教を <一印一明の教> と申す
  ○ 221 【認印】 と 【実印】
 

○ 222


【倭聖大聖】とは,<ayanawan>の一音の獅子吼者なり。<A><YA><NA><WA><n>の五音の獅子吼者なり。<A><YA><NA>《WA-n》の五音の獅子吼者なり。
  ○ 223 【無上の方便の使い手】
  ○ 224 誰も知らないことを申せば, この国では<ウソツキ> と言われる
  ○ 225 【隠されて来た世界人類共通の文化遺産】 【それは唯一なり】
  ○ 226 【大仏陀 (大覚者) を<文明人>にして<文化人> と申す】
  ○ 227 【天一,地十,道,五音の教】 (天照大御神の教)
  ○ 228 五音不知の僧を<虚仮僧>と申す 御図不知の僧を<虚仮僧>と申す
  ○ 229 【預言者】 と 【予言者】
  ○ 230 【学門】 (上学) と 【学問】 (下学)
 

○ 231

【仏教(Buddha-sasana)を<一音教>と申し,<五音教>と申す】
  ○ 232 【暗本人】(根本に暗い人) (日本国の教を知らない人)
 

○ 233

【sarva-dharmah nir-atmanah】全き仏陀の教説は,仏陀自身のものにあらず
  ○ 234 人間は<一音と五音の教>を学ぶために生まれておる。
         <一音と五音の教>を学ぶために,衣・食・住がある。
  ○ 235 【前科無数犯の大ウソツキの倭成】 が,
      <前科の無い,ウソをついたことがない人々> に申しあげる
  ○ 236 【大仏陀の弟子がすべきこと】
  ○ 237 《論語》 の結句 (結辞)
 

○ 238

【arya-panca-svara-tri-vidha-skandha-mandala】を別言して【arya-panca-svara-sutra】と申す
  ○ 239 原初の神の教 (神門) ありき 後に仏陀の教 (仏門) が立った
  ○ 240 【故知般若波羅蜜多,是大神咒】 (漢訳般若心経)
  ○ 241 【祭政一致】
 

○ 242

聖人,以政治世(聖人は政を以って,世を治める)
  ○ 243 <十二の月 (骨) の八の日の開けの明星> の観察
 

○ 244

pari-purna-tri-parivarta-dvadasaakara-dharma-cakra-pravartana
 

○ 245

“一音と五音の教,絶え果てば 神も仏陀も,何を護らん”倭聖(倭成)
  ○ 246 【神仏の教は唯一の記号なり】
  ○ 247 【天は二物を与えず】 【天は人類に唯一の記号を与えた】
  ○ 248 【teaching the Christ of God】【teaching the Religion of God】【teaching the Symbol of God】
  ○ 249 <無茶,苦茶><滅茶,苦茶>
  ○ 250 【デタラメ】 (出鱈目) 【デタラメ教】
 

○ 251

【倭成が<想起>(anamnesis)したこと】
  ○ 252 【正しく想起された人の教】 (仏陀の教)
 

○ 253

【sarva-dharmah eka-laksana-paramita】(追加)
  ○ 254 【神仏の教は唯一の記号】
 

○ 255

【聖なる五音の日の字の本の記号の国】
  ○ 256 【<預言者>と<予言者>】 (大切なこと)
  ○ 257 【預言者は世に受け容れられない】
  ○ 258 【正法念処経】(巻第六十一・観天品の四十)
  ○ 259 【吾・侘・欲しいは<A><YA><NA> 《WA-n》 なり】
  ○ 260 《大救世主》 が東の国に現れる
 

○ 261

【五乘】(panca-yana)
  ○ 262 “人間は<一音と五音の教>を学ぶために生まれて来る” これを人生の【大目的】と申す
  ○ 263 日本国の人々よ,目をサマセよ!いつまで眠っておるのか! (天照大御神の激怒!)
  ○ 264 我が国を【太言霊の先播布国】と申す 言霊の先播布国ではない!
 

○ 265

【聖なる五音の神言を表す,日の字の本の記号の国】(日本国)
  ○ 266 【不老不死の妙薬】
 

○ 267

【Buddha-dvarah maha-adi-deva-dvarah】(仏陀の門は威大なる原初の神の門)
  ○ 268 御図不知の者に気を許すな!ダマサレルナ!<門外漢>に気を許すな!ダマサレルナ!
  ○ 269 【<yu><dha><A><YA> 教】は<A><YA><NA> 《WA-n》 の教
  ○ 270 【天意 (神意) にかなう五族協和】 (眞実の五族協和)
  ○ 271 石原莞爾の構想は【五族協和】の誤解に始まっておる。
      <五族>を<日本><満州><支那><朝鮮><蒙古>(モンゴル)と考えたことが,
     根本的な誤りなのだ。 だから【天意 (神意) に反した】のだ。
  ○ 272 【知識を世界に求め,もって皇基を振起すべし】 明治天皇の五箇条の御誓文
  ○ 273 【大救世主】と【救世主】の差 (チガイ)
  ○ 274 【人類最大の問題】【teaching the Religion of Godは何か?】
      (最高神のthe Religionの教は何か?)
 

○ 275

【ma-token-orb-sma】これを知る者は《倭聖》ただ一人
  ○ 276 【無 題】
 

○ 277

Many people believed in Jesus, but they doubted“the chrys-ist-os”.
  ○ 278 【St.Jesus preaching is only the Word of God and the Religion of God.】
 

○ 279 <イ>【 lost the Religion of God's five words 】
      <ロ>【 lost the Religion of God 】 (省略して)
      <ハ>【 lost the Religion 】(省略して)

  ○ 280 【七生報告一音】
 

○ 281

梵語<arya>について
 

○ 282

明治天皇は<大日本國>を<大日本國>と表された。
 

○ 283

【sarva-dharmah maha-adi-deva-samskrta-eka-laksanah】
  ○ 284 【陰陽中】 の思想と 【陰陽】 の思想
  ○ 285 【the Religion of God】 (最高神の太宗)
 

○ 286

大仏陀(大覚者)釈尊は,次の霊告を倭聖(倭成)に託された。よく聴くがよい!日本人への釈尊のメッセージなのだ。
  ○ 287 神の五音を忘れた者を神の御恩を忘れた者 (忘恩の者) と申す
 

○ 288

万言の雑説を除きて,一神の<聖なる五音の定準>を掲ぐべし (天照大御神のご神勅)
 

○ 289


【全き覚者(仏陀)の教は唯一の記号なり】(sarva-dharmah eka-laksanah)【sarva-dharmah maha-adi-deva-samskrta-eka-laksanah】
 

○ 290

【重要】《utpada-bhanga-samyukta-sambaddha》(大梵和辞典p.247)
  ○ 291 【<正>と<邪>】 【<正>と<反>】
  ○ 292 仏教を【一音教】と申す
  ○ 293 【the Origin of the Religion】 (太宗の起源)
  ○ 294 【鶴の一声,雀の千声】
  ○ 295 大仏陀 (大覚者)
  ○ 296 “宗教なき科学は不完全であり,科学なき宗教は盲目である”
           アインシュタイン博士 (ユダヤ人) (ノーベル物理学賞)
 

○ 297

【sarva-dharmah maha-adi-deva-samskrta-eka-laksanah】
  ○ 298 【No one can boast in front of God.】パウロからコリントの信徒への手紙 (第一の手紙1-29)
 

○ 299

イエス聖に代わって,倭成が<ヨハネによる福音書1-1>を改める
  ○ 300 <種子を蒔く人> のたとえの説明
  ○ 301 天地と人形と,人体と宝舎とは,
      其の名を異にすと雖も,其の起源は一なり (造伊勢二所太神宮,宝基本記)
  ○ 302 “一音と五音の教,絶え果てば,神も仏も,何を護らん” (倭成)
  ○ 303 <ヤマト言葉>の本は<ismos>の<八重垣法図>
 

○ 304

【聖人抱一,為天下式】(老子第二十二章)
  ○ 305 【倭国 (日本国) の教】
  ○ 306 【神仏は水と波の隔 (差) 】
  ○ 307 God does not measure men in chest. (神は人の外見ではからず)
 

○ 308

仏陀釈尊を【arya-panca-svara-prajna-mudra-paramita-vadin】と申す
  ○ 309 【皇祖神】を【天照大御神】と申しあげる
  ○ 310 <イ><ロ><ハ><ニ><ホ><ヘ><ト>
 

○ 311

【bhava-laksana-abhava-laksana-samatva】
  ○ 312 仏陀の教 (仏教) を<一音教>と申す
  ○ 313 【天 (最高神) の贈り物は唯一】(God does not give two gifts.)
  ○ 314 威大なる原初の神が告げ給うたる <一音>
                〃            <一声>
                〃            <一言>
  ○ 315 【祖師心印,七花八裂】(禅林句集) p.225 【七花八裂】(禅林句集) p.44
  ○ 316 【仏陀の教は唯一の記号】
  ○ 317 梵和大辞典p.31<要必見!>
 

○ 318

【sarva-dharmah nir-atmanah】【sarva-dharmah nih-sva-bhavah】
 

○ 319

St.Jesus teaching is only“the Word of God”and“the Symbol of God”.【イエス聖の教は<最高神の言葉>と<最高神の記号>だけ】
 

○ 320

【maha-adi-deva-sasana】【威大なる原初の神の教(厳命)】の大覚者を【大仏陀】と申す
  ○ 321 【仏陀が弟子 (僧) に告げ給うた厳命】
 

○ 322


【聖なる五音の空仮中の三諦円融】(arya-panca-svara-tri-vidha-skandha-mandala)(arya-panca-svara-tri-vidha-skandha-patra)
 

○ 323

【聖なる五音の日の字の本の記号】
  ○ 324 【the Wordとthe Symbol】 を知らない者はキリスト教信者ではない!
      また仏教信者でもない!天照大御神の信者でもない!
  ○ 325 【the Testament is this ; God has given us eternal life.】
     【約束とはこれだ!神は我々に永遠の生命を与え給う】 (ヨハネの第一の手紙 5-11)
 

○ 326

【paramita】(波羅蜜多)
  ○ 327 【teaching of the Christ】 と 【teaching of the Xpistos】
  ○ 328 神を愛することは,神の教を愛すること
     イエスを愛することは,神の教を愛すること
      神の教を知らない者は,イエスの教を知らない者
     神の教を知らない者は,神とイエスを愛しない者
  ○ 329 【The whole world is under the rule of the Evil One.】
      【全世界の人々(人類) は魔王の支配下にあり】 ヨハネの手紙 (第一の手紙) 5-19
  ○ 330 <宿因><宿業><宿縁><宿願><宿世><宿罪>
  ○ 331 【神に属する者は,神の言葉を聞く】 (ヨハネによる福音書8-47)
  ○ 332 “余の教 (the Word と the Symbol) を守る者は,不滅のタマシイを与えられる”
 

○ 333

【ekam sad-viprah bahudha-vadanti】【唯一の記号を,眞の導師(最高位の導師)は多くの別言で説く】
  ○ 334 謹賀新年 Happy New Year
  ○ 335 【一拳五指】(最も重要な言葉)
  ○ 336 【釈迦に宗旨 (宗派) なし】
  ○ 337 Protestantの神を【三・一神】と申す
 

○ 338

【St.Jesus teaching is only the Word and the Symbol.】(イエス聖の教は,最高神の言葉と最高神の記号)
  ○ 339 【<A><YA><NA><WA-n>World】
 

○ 340

【arya-panca-svara-mandala】をワカリヤスク説く
 

○ 341

【忘れてはならないことは【聖人】の<正>は<五>であること】
 

○ 342

【arya-panca-svara-tri-vidha-skandha-patra-desika】大仏陀釈尊を【聖なる五音の三種の要素の神器】の開示宣説者と申す
 

○ 343

【buddha-sasana】(仏陀の教)(覚者の教)と【a-buddha-sasana】(愚者の教)(不覚者の教)
  ○ 344 仏教を【一音教】(一音説)と申す
  ○ 345 No one can boast in God's presence. 【最高神の御前において,威張れる者は居ない】
  ○ 346 ヨハネによる福音書3-34 (最重要句)
      【<A><YA><NA><WA-n>の獅子吼者を<大救世主>と申す】
 

○ 347

【namas-kara-ratana-traya-ya】
 

○ 348

【聖なる五音の神言の獅子吼者とは【外印・内璽】を身に着用する存在なり】
 

○ 349

重要な梵語【patra】
  ○ 350 【無明の指導者】【無明の宗教家】【無明の僧】
      梵語<Buddha>のホントの意味を知らない学者
  ○ 351 【仏陀の門 (仏門) を,難信・難解・難受持の門と申す】
      (仏陀の教を,信じ難く,解し難く,受持し難き教と申す)
  ○ 352 子曰く。莫我知也夫。(論語 憲問篇) 我を知ること莫きかな!(難信・難解・難受持の教)
 

○ 353

【神器】(deva-patra)と【仏鉢】(Buddha-patra)
 

○ 354

大仏陀釈尊を【maha-adi-deva-samskrta-eka-laksana-vadin】と申す
 

○ 355

【天下無二道,聖人無両心】(荀子)
  ○ 356 <釈迦>の<迦>の字に意味は無し (通説)
      <釈迦>の<迦>の字に重要な意味あり (倭成説)
  ○ 357 【隠された最も重要な事】(ヨハネによる福音書8-31) (ヨハネによる福音書8-51)
  ○ 358 【buddha】(覚者)と【a-buddha】(不覚者) (愚者)【日本の仏教】(宗派仏教)は,これで崩壊した!
  ○ 359 【無明】(a-vidya) (最も重要な言葉デス)
  ○ 360 【詐欺師】(梵語baka-yati)
 

○ 361

大仏陀釈尊の叫び!okara-yati! a-vidya-yati! baka-yati!に“maha-adi-deva-sasana”を説き教えよ!
  ○ 362 【大如来(釈尊)の隻手の<大音声>を聞いて来い!】
 

○ 363

【上古結縄而治。後世聖人易之,以書契】(易経)
  ○ 364 【天之所啓,人弗及也】(春秋左伝)
  ○ 365 【黄帝,堯帝,舜帝の治世は乾坤易簡道にのっとる】(諸橋轍次博士)
 

○ 366

<日>の字と<日>の字(日本国と日本國)
  ○ 367 神仏の教えは【唯一の記号】なり 【唯一の記号】を【一神の定準】と申す
 

○ 368

明治天皇は<日本國>と書かれた
 

○ 369


【sarva-dharmah eka-laksanah】【sarva-dharmah eka-laksanah】【sarva-dharmah eka-laksanah】
 

○ 370

聖なる五音の唯一の圓相を嗤う者は,唯一の圓相に泣く
  ○ 371 【圓頭方足】(諸橋大漢和辞典 第三巻p.97)
  ○ 372 <人生の勝者>と<人生の敗者>
 

○ 373

聖なる五音の神言を表す<唯一の記号>を知らない指導者(師)を,<無明の師>と申す
  ○ 374 【無明の師】(無明の指導者) (無明の僧) 【a-vidya-yati】
  ○ 375 【パウロからローマ信徒への手紙】(3-9・10・11・12) 【No one knows God's right hand】(倭成)
  ○ 376 <the Word of God>の研究者 (言語学者) は居ない!
 

○ 377

【聖なる五音の神言を表す<the Religion>(太宗)の教】【聖なる五音の神言を表す<日の字の本の記号>の教】
  ○ 378 【絶対価値】(主) と 【相対価値】(従) (超世間法) と (世間法) (必修科目) と (選択科目)
 

○ 379

【聖人抱一,為天下式】(老子聖)
 

○ 380

<arya-panca-svara-vala-okite>を省略して<arya-vala-okite>と申す
 

○ 381

  ○ 382 【握符】 (諸橋大漢和辞典 第五巻 p.326)
  ○ 383 【万教帰一】
  ○ 384 【備えあれば憂患なし】(ことわざ)
 

○ 385

【先聖,後聖,其揆一也】(孟子)
  ○ 386 <一般道徳>と<特殊道徳>
  ○ 387 マッカーサー元帥は我が国の大恩人なり!
 

○ 388

arya-panca-svara-dharma-cakra-paramita-pravartaka  arya-panca-svara-dharma-laksana-paramita-pravartaka
  ○ 389 【一九與二九,相逢而不出手】(再説) 【長者長法身,短者短法身】(禅語) (達磨大師の言葉)
  ○ 390 【preacher of the Religion】【teacher of the Religion】【professor of the Religion】
 

○ 391

我が国を【聖なる五音の太言霊の先播布国】と申す
 

○ 392

【聖なる五音の<yudhaya>教を知る者なし】
  ○ 393 <菩提樹>を知らない者は仏教を知らない者
  ○ 394 仏知見の開示宣説 (仏知見を開くこと)
  ○ 395 【閻羅王為人説偈云。汝得人身,不修道,如入宝山,空手帰】(正法念處経)
  ○ 396 <英語>の【di-vine】(di-vain) と 【bios】について述べる
  ○ 397 <最澄><空海><法然><親鸞><栄西><道元><日蓮>等々の僧たちは,
     仏陀(釈尊)から直接に教えを受けた者ではない!
 

○ 398

【詐欺師】を梵語で<a-vidya-yati><okara-yati><baka-yati>と申す。
 

○ 398

ヨハネによる福音書<1-1>(イエス聖の教はこれだ!)
 

○ 399

sarva-dharmah eka-rasa-ayana-patha-gamin【全き仏陀の教説は,唯一の妙薬<ayana-patha>に帰す】
 

○ 400

仏陀(如来)を【eka-ayana-patha-desika】と申す
 

○ 401

仏陀を【arya-panca-svara-sutra-vadin】と申す
 

○ 402

【聖なる五音の仏心印】を達磨大師の禅宗と申す
  ○ 403 【神・仏の教は記号なり】
  ○ 404 <八><宇><紘><為一> (A) (YA) (NA) (WA-n)
 

○ 405

【a-vidya-yati】【okara-yati】【baka-yati】
  ○ 406 釈尊が菩提樹の下で得られたものを【超世間法】と申す
  ○ 407 【世間法】(道徳) (morality) と 【超世間法】(宗教) (the Religion of God's five words)
  ○ 408 【phenomenon-morphe】 (驚嘆すべき形) (不思議な形)
 

○ 409

<panca-mandala>(五輪)と<tri-mandala>(三輪)
  ○ 410 徹頭徹尾,首尾一貫,終始一貫 <始めから終わりまで>,<一貫>してこれだけ!
  ○ 411 【印璽】
  ○ 412 【覚悟】の誤解 <菩提樹>を【覚樹】と云う
  ○ 413 【釈迦大乘仏教】 と 【馬鳴・龍樹の大乘教】 “大乘仏教本地国” (日本国)
  ○ 414 【疑心生暗鬼】 (疑心暗鬼)
  ○ 415 【汝自身を知れ!!】(クリカエシ,クリカエシ,読んでください)
  ○ 416 【覚悟於五法,為人説五法】
  ○ 417 【文明人】と【文化人】 (ジックリと読んでください) (クリ返し,クリ返し,読んでください)
  ○ 418 天照大御神が考え出された教えは無い!
  ○ 419 【文句垂れ坊主】を【亜法垂れ坊主】と申す
  ○ 420 【伏羲皇が支那文字を作れり】
 

○ 421

【arya-vala-okite】を抹消した般若心経は仏説<般若心経>にあらず!
  ○ 422 【蹲踞】(ツクバイ)
 

○ 423

梵語<vipasyana><darsana>【観察】【観無量寿經】の<観>について
 

○ 424

【観經】と【写經】と【供經】
  ○ 425 【一圓相】(一円相) を嗤う者は一圓相に泣く
  ○ 426 【色<即是>空】の説明 (学研漢和大字典)
 

○ 427

【sarva-dharmah eka-laksanah】(この梵文を知らない者は,ダマサレル)
  ○ 428 【究】が,禅語の【一九】と【二九】になった
  ○ 429 【一九與二九,相逢而不出手】【長者長法身,短者短法身】 (出典は禅林類聚)
  ○ 430 【一音教】(仏教を一音教と云う) (模範仏教辞典p.34) 【一拳五指】(模範仏教辞典p.36)
  ○ 431 【一音,一印】これぞ仏教 【一明,一印】これぞ仏教
  ○ 432 【神仏に<唾>する者】(天に唾する者) (大悪人)
  ○ 433 <A><YA><NA>【WA-n】World 省略して【WA-n】(One) Worldと申す
 

○ 434

聖なる五音の<ma-token-orb-sma>は聖なる五音の日の字の本の記号なり
  ○ 435 驚き,桃の木,山椒の木
  ○ 436 【終始一貫】(大仏陀の教は,終始一貫)
 

○ 437

buddha-sasanah-maha-adi-deva-samskrta-arya-panca-svara-mandala-matrah
 

○ 438

【無学文道の者は,盲人の如し】(無学文盲)
 

○ 439

St.Jesus teaching is only God's five words anad the Symbol of God's five words【イエス聖の教は最高神の五ツの言葉と最高神の五ツの言葉を表す記号】
  ○ 440 人生の目的は何か?
  ○ 441 【人類が神仏の教を失った,多殃の時代】
  ○ 442 【無明の僧】【無明の指導者】
  ○ 443 【一切皆空宗】【諸法皆空宗】
 

○ 444

【波羅蜜多】(paramita)
 

○ 445

【聖なる五音の太言霊】と【聖なる五音の太法図】の正覚者(仏陀)
 

○ 446

【聖なる五音の太言霊】を仏陀釈尊は【arya-panca svara-mantra】と申されたり
 

○ 447

【神に口なし。よって大聖人の口を借る】
  ○ 448 【一拳五指】【仏教は一音教にして五音教】
  ○ 449 <拝聴><拝見><拝受持>そして<弘伝> (仏陀の直弟子の必須の条件)
  ○ 450 【合掌】
 

○ 451

【聖観自在世音菩薩】を<施無畏の菩薩><施無畏の観音>と申す
  ○ 452 【天は二物を与えず】
  ○ 453 【天道無疑,無二而唯一也】(倭成)
  ○ 454 【天に口なし。人を以って言わしむ】
  ○ 455 teaching the Religion of God's five words is the Rule of human life. (倭成)
 

○ 456

【聖なる五音の宝祚】(聖なる五音の神言を表す宝祚)
 

○ 457

仏陀釈尊を【arya-panca-svara-mantra-vadin】と申す
 

○ 458

【arya-panca-svara-vala-okite】(arya-vala-okite)
  ○ 459 前科無数犯の大ウソツキの倭成が<原始莫談>を投下す
 

○ 460

【モーゼ聖とイエス聖の関係】
  ○ 461 <日の字の本>を知るべし!
  ○ 462 【縁なき衆生は度し難し】(渡し難し)
  ○ 463 <trouble><troubler><trouble maker>
  ○ 464 子曰。黙而識之。学而不厭。誨人不倦。何有於我哉。 《論語》述而篇
 

○ 465

【威大なる原初の神の教えは永遠,不変,不滅なり】(maha-adi-deva-sasanah sanatanah)
  ○ 466 最高神 (原初の神) の言葉を聴くべし
      最高神 (原初の神) の言葉を知るべし (理解すべし)
     最高神 (原初の神) の言葉を守るべし
  ○ 467 【一印・一明の教】 (一明・一印の教) (神仏の教えは一印・一明の教)
  ○ 468 【<仏門>とは<威大なる原初の神の門>なり】
      【<神の門>が覚った人(覚者) を 【仏陀】 と呼ぶ】
  ○ 469 <ブドウ>と<イチジク>の木の下に身を置く者は,安全なり
 

○ 470


如来(仏陀)の講演は,【arya-panca-svara-mantra】の獅子吼に始まり,【arya-panca-svara-mantra】の獅子吼で終わる
  ○ 471 【一盲引衆盲】 (一人の盲が衆 (多くの) 盲を導く) (再説)
  ○ 472 【仏教の最大の謎】
  ○ 473 【人類が生まれる目的,人類が生きる目的】
      (人類は何のために生まれ,何のために生きるのか)
  ○ 474 <預言者>と<予言者>
  ○ 475 再説 (最重要) St.Jesus teaching is only the Word and the Symbol that gives eternal life.
  ○ 476 【如来 (仏陀) の第一の目的 (第一の仕事) 】
 

○ 477

【purusa-artha】(人間の目的)(生存の目的)(人生の目的)
 

○ 478

【イエス聖の教の要】ヨハネによる福音書<1-3><1-12>
 

○ 479

【極秘の【聖なる五音の秘の丸】】【聖なる五音の日の字の本の記号】を【聖なる五音の秘の丸】と申して来た
  ○ 480 【ma-token,orb-sma】 (眞床覆衾) (眞床被衾) (眞床追衾) は,万死に価する妄説!
 

○ 481

<本堂>に【聖なる五音の經】が安置された寺を大乘の寺と申す
 

○ 482




【arya-panca-svara-mantra-ghostr】聖なる五音の神言の獅子吼者(大仏陀)(大如来)(大聖人)(大救世主)とは,いかなる存在か!それは【arya-panca-svara-sva-svami-laksana-sambaddha-vadin】なり。
  ○ 483 【超世間法】 (密教) (狭き門) と 【世間法】 (顕教) (広き門)
  ○ 484 【最高神が遣わされた人は<A><YA><NA><WA-n>を獅子吼す】
     【大救世主は<A><YA><NA><WA-n>の獅子吼者なり】
  ○ 485 《あきらかにしてはならない言葉》 <安本丹>
 

○ 486

神と人(モーゼ聖)との約束(旧約)と神と人(イエス聖)との約束(新約)は<不変>(同じ)
  ○ 487 預言者とは【the Word of God】を預かった者
 

○ 488

聖なるもの(maha-adi-deva-samskrta-arya-panca-svara-mandala)を犬どもに与えるな!(マタイによる福音書7-6)
  ○ 489 【ヨハネの第一の手紙1-1】
  ○ 490 【ヨハネの第一の手紙1-1】
      (プロテスタントとフリーメイソンが,なぜヨハネを重視するかがこれによってワカル!)
 

○ 491

【イエス聖の教は<A><YA><NA><Wa-n>の教なり】
 

○ 492

【聖なる五音の太言霊】(別言して)【聖なる五音の天津宣詞の太宣詞】
  ○ 493 <日の丸>は表(オモテ) のシルシなり
  ○ 494 全世界<大音楽会>
  ○ 495 人間は何のために生まれ,何のために生きるのか
 

○ 496 【倭成は<A><YA><NA><WA-n>の獅子吼者なり】
      往きはよいよい,帰りは恐い!此の世に生まれることはメデタイコトだ。
      だが,帰り(死ぬ時) は恐いのだ。

  ○ 497 不浄財にてオノレの身を養うべからず。浄財にてオノレの身を養うべし。
      不浄財にて妻子を養うべからず。浄財にて妻子を養うべし。 【仏陀の金言】
  ○ 498 St.Jesus teaching is only eternal God's five words and eternal God's symbol
  ○ 499 ヨハネによる福音書6-66・67・68 【You have God's five words that give eternal life.】
  ○ 500 【神の言葉を受けた人たちが<神々>と言われる】
      (聖書のなかで,最も重要な句) (ヨハネによる福音書10-35)
  ○ 501 最も重要なマルコによる福音書4-14
  ○ 502 ルカによる福音書8-21【最高神の言葉を聞いて,最高神の言葉を守る人】
  ○ 503 “最高神の五ツの言葉とは<A><YA><NA><WA-n>なり” ヨハネによる福音書8-47
  ○ 504 【三一神の教】
 

○ 505

【聖なるもの】
  ○ 506 Lost God's five words (失われた最高神の五ツの言葉) は,
     倭成によって明らかになった!(大救世主の出現)
 

○ 507

【イエス聖が十二人の弟子に申された】
  ○ 508 【余を愛する人は余の教を守る】(ヨハネ14-24) 【余を愛さない人は,余の教えを守らない】
  ○ 509 【仏教の伝来】(仏教は伝来しなかった!)
  ○ 510 【猫も杓子も嘘ばかり】
  ○ 511 【皇室の最も重要な数は<六>と<五>なり】
  ○ 512 【仏陀釈尊の厳命】
  ○ 513 【五種梵音】
  ○ 514 【子曰。君子上達,小人下達】(論語・憲問篇) 【眞の形而上学は記号】(倭成)
  ○ 515 日本国憲法<第二十条>は“Freedom of Religion”の規定
  ○ 516 【国体護持】【日本国家の真髄】(佐藤優氏)
  ○ 517 【朝日の宮】(天照大御神の宮) の裏は何か?
  ○ 518 仏陀の教には,機根能力の秀れた者(神縁仏慮の近い者)に説く教と
      機根能力の劣った者(神縁仏慮に遠い者)に説く教がある
  ○ 519 【Lost the Word and Lost the Symbol】(失われたthe Wordと失われたthe Symbol)
 

○ 520

【神の璽を汝の額に刻むべし】(イエス聖の金言)
  ○ 521 【あなたは幸福な人ですか?不幸な人ですか?】
      【あなたは幸運な人ですか?不運な人ですか?】
  ○ 522 マルコによる福音書4-14〜19 <種子を蒔く人>
 

○ 523

イエス聖の教は,これで“きまり”だ!
 

○ 524

【イエス聖の教のなかで最も重要なこと】
  ○ 525 【依らしむべし,知らしむべからず】
  ○ 526 隠すことを【秘密】と云う
  ○ 527 【仏陀釈尊のご遺言】
  ○ 528 【仏陀釈尊の最晩年の言葉】
 

○ 529

【namaskartr】(帰依・帰命者)
  ○ 530 【仏陀釈尊の大予言】(仏蔵経に曰く)(再説)
  ○ 531 【高慢,不遜な,思い上がり者は,魔の手先として使われやすい】
 

○ 532


【仏教を一音教と申す】【pudgala-lokayata-mantra】と【pudgala-lokayata-mandala】<人間世界に流布されたる神言>と<人間世界に流布されたる神符>
 

○ 533

五乘(panca-yana) 仏乘(buddha-yana)を五乘(panca-yana)と申す
  ○ 534 旧約聖書(Old Testament) と 新約聖書(New Testament)
  ○ 535 【eternal doctrine】【永遠の,永久の,不変の,不滅の<A><YA><NA><WA-n>の教】
  ○ 536 【大仏陀 (大如来) の第一の目的・第一の仕事】
  ○ 537 【三時】(正法の記号の時代) (仏像と経文の時代) (末法の時代)
 

○ 538

仏陀を【subha-ratna-traya-vadin】と申す
  ○ 539 【読書万巻,不知一印一明,以為大恥】(倭成)
 

○ 540

反対しない人は味方(イエス聖)
  ○ 541 【倭成のホームページをご覧になる人々へ】
  ○ 542 これを知らない者を無明の衆生(a-vidya-pudgala) と申す
     これを知らない者を無明の指導者(a-vidya-yati) と申す
     【倭成の遺言】
 

○ 543

【かんながら】(カムナガラ)【聖なる五音の宝祚】【聖なる五音の内璽】
  ○ 544 【我が国は仏教国にあらず】 【天照大御神の教え】の国なり
 

○ 545

倭成を知る者が居るか?
 

○ 546

【maha-adi-deva-dvara】が【amrta-dvara】に変えられて,<甘露の門>に変えられた
 

○ 547

【神器】(maha-adi-deva-patra)
 

○ 548

【<高慢,不遜な思い上がり者>は,仏陀の門(buddha-dvara)に入ることは出来ない】
  ○ 549 【我が国の仏教(宗派仏教)は仏陀釈尊の教ではない】 【buddha】を知らない僧ばかり
 

○ 550

【<聖八正道>は仏説にあらず】仏陀釈尊に代わって,<聖八正道>の妄説を倭成がブッタ切る!
  ○ 551 “日本人が目覚めなければ,世界は目覚めぬ!”
 

○ 552

“眞実の仏教を求める人”のために!【sarva-dharmah sunyata-laksanah】大ショック!全き仏陀の教えは空性の記号なり
  ○ 553 【正法に随順するとは,正法の記号の観察なり】
  ○ 554 【太宗】の教が【宗教】となった
 

○ 555 【teaching the Religion of God's five words】
      (最高神の五ツの言葉を表すthe Religionの教え)

  ○ 556 【teaching the Symbol of God's five words】
      (最高神の五ツの言葉を表す唯一の記号の教え)
 

○ 557

yudhaya教の信者とイエス聖の教えの信者が知らねばならないのは,…なり
 

○ 558

【eka-mantra-ca-eka-mandala】(唯一の神言と唯一の神符)
 

○ 559

仏陀を<eka-dharma-laksana-vadin>と申す(唯一の法の記号の教師)
  ○ 560 <自利而利他><自覚而覚他><文明而文化>
  ○ 561 【the Word and the Symbol】
  ○ 562 【仏陀の教えの実践<十項目>】【最も重要なこと】
  ○ 563 【絶対矛盾的自己同一】(西田幾多郎)
  ○ 564 五音の太言霊の絶え果てば 神も仏も いかで護らん(倭成)
  ○ 565 【不二の法門】(唯一,無二の法門)
 

○ 566


 

○ 567

 

○ 568


 

○ 569

 

○ 570

  ○ 571 【一盲引衆盲】(仏教用語)
  ○ 572 【St.Jesus said; eternal one thing is needful.】
      (必要不可欠なものは不変,不滅な唯一のもの) (ルカ10-42)
  ○ 573 【大学】とは【大の一文字を学ぶこと】
  ○ 574 【眞実の大乘】と【ニセの大乘】
  ○ 575 one (WA-n) と <one thing>は別だ!
 

○ 576

倭成は【arya-panca-svara-mantra-ghostr】なり【聖なる五音の太言霊の獅子吼者】なり
  ○ 577 【Do you know God's one pattern ? 】
      (あなたは最高神の<唯一無二の天型>をご存知か?)
  ○ 578 【密教と顕教】
  ○ 579 【Only one thing is needful.】(不可欠なものは唯一無二のもの,それだけだ)
  ○ 580 What is one ? (oneとは何ですか?)
      This is most important question. (これが最も重要な質問だ)
  ○ 581 【doc-trine】
  ○ 582 【世のなか莫迦なのよ】
  ○ 583 Only one who belongs to God, listens to God's five words.
     『最高神に直結,直属する唯一の人は,最高神の五ツの言葉を聴く』
  ○ 584 【仏陀の教(仏教)は,いっこうに明らかにならない点が仏教学の最大の問題である】
  ○ 585 【皇室の神道を<唯一宗源神道>と申す】
 

○ 586

“高慢,不遜な思い上がり者は,オノレの寸たらずの曲がり尺で聖人・仏陀・救世主の教をハカル”
 

○ 587

【イエス聖の教えを知りたい人々へ】(聖書をマトメルことが出来ない人々へ)
 

○ 588

【五は五なり】(天の位)(天帝の位)(最高神の位)
  ○ 589 【大元教】【大本教】【大素教】
  ○ 590 【菩提樹下の成道】
  ○ 591 見ザル(メクラ),聞かザル(ツンボ),言わザル(オシ)
  ○ 592 【正しく,深く記憶したことは思い出すことが出来る】
     (浅く記憶した事は,思い出せない) (忘れたと云う)
  ○ 593 【これがワカルか?】
 

○ 594

【規矩円方之器】【フリーメイソンの33位(最高位)】
  ○ 595 【ma-token-orb-sma】を【tri-vidha-skandha-patha】と申す
 

○ 596 隠されて来た【Supreme Emperorの紋章】と
     アメリカの軍人の元帥位と大元帥位のシルシの関係】

 

○ 597

【天照大御神のご陵墓は正五角形(penta-gon)】【伊勢神宮の鳥居の笠木が正五角形であることを知れよ】
  ○ 598 【世に宗教家が居るか?】インチキ者ばかりだ。【世に形而上学者(哲学者)が居るか?】
 

○ 599

  ○ 600 【寶(ホウ) と 法(ホウ)】【柏手と拍手】
  ○ 601 【預言者と予言者】
  ○ 602 【教相判釈】
  ○ 603 【一億,総無責任時代】<総愚者の時代>
 

○ 604

【聖(ヒジリ),聖人(ヒジリ)】
 

○ 605

【読書万巻,不覚知<唯一の記号>,以為無明の指導者】(倭成) (sarva-dharmah eka-laksanah)
  ○ 606 【明治天皇の五箇条のご誓文】(第五条)
  ○ 607 【読書万巻,不知一事,以為深恥】(陶 弘景) 【一物不知,君子之恥】(陶 淵明)
 

○ 608

【sarva-dharmah eka-laksanah】(最重要な梵文)“あなたはこの梵文を訳せますか?”
 
○ 609




【sarva-dharmah eka-laksanah】【eka-laksanah maha-adi-deva-samskrta arya-panca-svara-mandalah】
 
○ 610

sarva-dharmah eka-laksana-pariksah【全き仏陀の教説は,唯一の記号の観察なり】
  ○ 611 【天照大御神の教】
  ○ 612 【君子豹変,小人革面】(易経)
 
○ 613

<天津祖神の教>と<天照大御神の教>と<三世諸仏・三世諸聖人・三世諸救世主の教>
  ○ 614 【表の十戒と裏の十戒】
 
○ 615

arya-panca-svara-brahma-cakra-vadin  arya-panca-svara-cintamani-cakra-vadin
  ○ 616 【ヨハネの第一の手紙(1-1)】
 
○ 617

sarva-dharmah sunyata-laksanah【全き仏陀の教えは空性の記号なり】
 

○ 618

【聖なる五音の神道】【聖なる五音の陰陽道】【聖なる五音の文道】
  ○ 619 【最上の道】
 
○ 620



【sarva-dharmah eka-laksanah】あなたは,この梵文を訳せますか?<全き仏陀の教えは唯一の記号>
  ○ 621 The sower sows the Word of God (種子を蒔く人は神の言葉を蒔く)
  ○ 622 eternal God's five words and eternal God's symbol
  ○ 623 【隠されて来た無上の宝を世にあきらかにした者】(ダルマパダ第76句)
 

○ 624

<nitya-panca-svara-mantra>(永言)と<nitya-panca-svara-mandala>(永図)
  ○ 625 【保守主義者と革新主義者】(破壊主義者)
  ○ 626 “来たれる者を拒まず,去る者を追わず”
  ○ 627 【天から降されたるパン】のたとえ
 
○ 628

【No one knows St.Jesus teaching】(イエス聖の教えを知る者はない)(イエス聖の教えを誰も知らない)
  ○ 629 『the Wordとthe Symbolを信解する者は,
     永遠・永久に不変・不滅の生命を与えられる。』 (ヨハネによる福音書6-47)
 
○ 630



【余の教えは,余のものにあらず】(イエス聖)【余の教えは,余のものにあらず】(仏陀釈尊)【倭成の教えは,いと高きご存在の教え】(倭成)
  ○ 631 【無字の教】【離文字の教】は【記号の教】【仏陀釈尊の予言】
  ○ 632 <厳の宣詞><稜威の宣詞><斎の宣詞>
     これを【天津宣詞の太宣詞】と申し【太言霊】と申す
  ○ 633 【宗教の起源は天啓】(広辞苑) 【宗教の起源は天(天帝)(天津祖神)の五音】
      【諸仏の明門は天(天帝) (天津祖神) の五音に始まる】
  ○ 634 【天照大御神のご神勅 (神教) 】を知るべし
  ○ 635 【宗派仏教の開祖の僧たちに申す】
  ○ 636 【正法念處経】(第六十一巻より)
  ○ 637 【天命之符】(符命=不明)
  ○ 638 “十二月の八日のあけの明星を観て,釈迦族の王子ゴータマは仏陀となられた”
     これは大ウソなり。
  ○ 639 <祭ごと>とは何ですか? <祀ごと>とは何ですか? <政ごと>とは何ですか?
  ○ 640 漢訳仏教(支那仏教)にダマサレて来た,我が国の仏教徒たち
  ○ 641 般若心経の<是大神呪。是大明呪><是無上呪。是無等々呪>
 

○ 642






【satya-mantra】と【a-satya-mantra】眞実の神言と偽りの神言【satya-mandala】と【a-satya-mandala】眞実のマンダラと偽りのマンダラ
 

○ 643


【梵語<a-gamin>と<gamin>について】【仏陀の講演は天の五音に始まり天の五音に終わる】
  ○ 644 【正法念處経】(第六十一巻)
  ○ 645 仏陀釈尊の教とヨハネによる福音書(1-1)は全く同じだ!
  ○ 646 【仏陀(如来)を<三種の要素にて成る神器>の開示宣説者と申す】
  ○ 647 【法灯明,自灯明。依法,不依人。】(これは誤りなり)
  ○ 648 <vala-tuccha>ダメヨ!
 
○ 649
【okara-yati】(外見ばかりで,なか実のない指導者・僧)(虚栄の指導者・僧)
 
○ 650

【identity】(アイデンティティー)【等価三】【聖なる五音のidentity】(聖なる五音の等価三)
  ○ 651 【人類は神符の一道に背けり】【人背神符一道】(北夢瑣言)
 
○ 652

【eternal God's five words and eternal God's Symbol.】(聖なる五音の天津宣詞の太宣詞)と(聖なる五音の天津法図の太法図)【eternal life】
  ○ 653 【<永言>不離<永図>,自求者至福】(倭成)
  ○ 654 “唯一なるものを,眞の導師は,多くの別言で説く”
 
○ 655
仏陀を【tri-vidha-skandha-patha-desika】と申す
  ○ 656 <狭き門>とは【永言と永図の門】なり【難信・難解・難受持の門】
  ○ 657 【ヨハネによる福音書1-1】(最重要な句)
      (フリーメイソンとプロテスタントの活躍が無ければ,地球は滅亡する)
  ○ 658 【種子を蒔く人のたとえ】(マルコ4-14) (最も重要な句)
 

○ 659 【宗教 (teaching the Religion of God's five words) の起源】

  ○ 660 【一期一会】
  ○ 661 【三品締】(三本締)
  ○ 662 【一円一元説】(二宮尊徳)
  ○ 663 【合掌礼】
 
○ 664
【天上天下唯悟独尊】
  ○ 665 【一喝】【色即是空】を偉そうに口にする愚か者!喝!
 
○ 666
【仏陀の眞弟子(眞僧)】が居るか?【イエス聖の眞弟子(神父・牧師)】が居るか?
  ○ 667 【the Religion】とは何か?これが人類の最大の問題なのだ。
  ○ 668 一喝(一括)
 
○ 669


【永言配命,自求多福】(周の文王)(出典は詩経)【永言配永図,自求者多福】(倭国の倭成)(the Word and the Symbol)
  ○ 670 【永言配永図,自求者多福】(倭成)<追加の一喝>
  ○ 671 【eternal God's five words<永言> and eternal God's symbol<永図>】
  ○ 672 【永言配命,自求多福】(詩経・大雅篇の文王)(追加)
  ○ 673 【teaching the Religion of God's five words】(最高神の五ツの言葉を表すthe Religionの教)
  ○ 674 【破邪顕正】のホントの意味
  ○ 675 一喝
  ○ 676 一喝 (一括)
  ○ 677 【永言配命,自求多福】(詩経の大雅篇にある周の文王の言葉)
  ○ 678 【喝!】
 
○ 679
【儒教】(孔子聖の教)と【黄老教】(黄帝〜老子聖の教)
  ○ 680 【子曰。吾,五十而知天命】(論語・為政篇) 【巽與之言を知るべし】(論語・子罕篇)
 
○ 681
【愚か者(機根能力の劣る者)には“聖なる五音の法の記号”を説くべからず】
  ○ 682 【人背神言與神符】(人類は神言と神符に背けり)
  ○ 683 【三種の神器】(三種の神器の継承者を天皇と申す)
  ○ 684 <仏陀>と<法の記号>と<僧>の【三宝】(仏・法・僧の三宝は誤りなり)
 
○ 685
【聖人執一,以静也】(楊権)
  ○ 686 【Lost the Word and the Religion】 (the Symbol)
  ○ 687 【仏陀の教えは仏陀自身の教えにあらず】(諸法無我の誤解)
 
○ 688
【イエス聖の弟子(信徒)はおるか?】
  ○ 689 【余の教えを守る者は決して死なない】
  ○ 690 【ヨハネによる福音書5-24】(最重要句)
  ○ 691 “あなたがたは永遠不滅の霊(イノチ)を得ようとして余の所に来ていない!”
      (目先の欲で来ておる)
 
○ 692
【the Symbol of Chrys-ist-os】と【the Symbol of Xpistos】
 
○ 693
大乘(maha-yama)
 
○ 694

【聖なる五音の日の字の本の記号】の教を【聖なる五音の太宗】の教と申し<宗教>と省略す
 
○ 695
【大日本國】が【大日本国】となった
 
○ 696
【読經文万巻,不知一經,以為深恥】(倭成)
  ○ 697 五輪 (オリンピック) が大事か? 仏陀の<五輪>が大事か?
  ○ 698 【眞実の仏教は,釈尊滅後の五百年で失われた】
 
○ 699
聖人の言は聖人に語らすべし(聖人の言を学者が語れば,学者の言となる)
 
○ 700


【唯一なるものを,眞の導師は,多くの別言で説く】【唯一なるものには,多くの別言がある】(ekam sad-viprah bahudha-vadanti)
 
○ 701

【五学】(正学)を【大学】と申し【聖学】と申す。【帝王学】とは【五学】(正学)(大学)を云うなり。
 
○ 702
【仏陀の教えは悟の一字なり】
 
○ 703

支那伝来の【般若波羅蜜多】は仏説にあらず。《仏説》は【arya-panca-svara-prajna-mudra-paramita】なり。
  ○ 704 【諸仏の明門は天の五音に出づ】(仏陀釈尊の金言)
 
○ 705
【諸仏(諸聖人)(諸救世主)の教えは“天啓と天經”】(天啓は天經を離れず)
  ○ 706 【<皇基>を振起すべし】(明治天皇)
  ○ 707 【辞書にないことを云うと<ウソツキ>と云われる】
 

○ 708

【arya-panca-svara-mandala-prati-kseptr】(大悪人)
 
○ 709
金言中の金言(大金言)は“ekam sad-viprah bahudha-vadanti”
 
○ 710
【イエス聖が赤ん坊の時(宮参りの時)のこと】
  ○ 711 Some Pharisees and Sadducees asked him to
      show the Symbol that God approved to him. 【最高神が認可した記号】
  ○ 712 【天国の鍵】(the Word and the Symbol)(マタイ16-19)
      (St.Jesus teaching is only the Word and the Symbol.)
 

○ 713 新約聖書に述べられてある【神の言葉】について

 
○ 714

【St.Jesus teaching is only the Word and the Symbol】(イエス聖の教えはthe Word とthe Symbol)
  ○ 715 【日本人の大恥】(学者の大恥)
  ○ 716 【ヨハネによる福音書8-47】
  ○ 717 【人生の目的】
 

○ 718 【Lost the Symbol of God's five words】(Lost the Symbol of Religion)

 

○ 719 【無明の僧】(宗派仏教の開祖の僧たち)

 
○ 720
【前科無数犯の大ウソツキ】が<avidya-yati><baka-yati><okara-yati>に告ぐ
 
○ 721
【大仏陀(大如来)が身に着用する記号】(大聖人・大救世主が身に着用する記号)
  ○ 722 《使徒言行録》のなかにある【the Word of God】
 
○ 723

【the Symbol of Chrys-ist-os】(the Chrys-ist-os)【the Symbol of God's five words】
 
○ 724

<sara>-laksanaと<a-sara>-laksana(sarata-laksanaとa-sarata-laksana)
 
○ 725
【仏陀のなかの仏陀】(大仏陀)【聖人のなかの聖人】(大聖人)【救世主のなかの救世主】(大救世主)
 
○ 726

如来の第一義(第一の目的)(tathagata-parama-artha)【全き仏陀(如来)の教えは唯一の記号】(神仏の教えは唯一の記号)
 
○ 727

聖なる五音の円環の掟の記号を無上の宝とする人々を【arya人】(聖なる人)(尊貴なる人)と申す
 
○ 728

【arya-panca-svara-eka-laksanaを説かれた人々】(聖なる五音の唯一の記号を説かれた人々)
  ○ 729 【the Doctrine】と【the Trinity】
  ○ 730 My preaching is only the Word and the Symbol.
      Whoever accepts surely the Word and the Symbol is the one who loves me.
  ○ 731 【God(Supreme Being)(最高の存在)(最高神)(唯一神)を【三一神】と申す】
  ○ 732 【なぜ,昭和天皇は終戦を決意されたか?】
 
○ 733
【<唯一の記号>を知らない指導者】(eka-laksana-avidya-yati)
 
○ 734
◎<マル窓>を京都では【サトリの窓】と云う
  ○ 735 【知者不言,言者不知】(老子 第五十六章)
 
○ 736

【仏陀釈尊の金言のなかの金言(大金言)】【sarva-dharmah eka-laksanah】
 
○ 737

【神・仏の教えは“聖なる五音の日の字の本の記号”】(神ありて仏あり。神なくば仏あることなし)
  ○ 738 【如来(仏陀)の念願(願望)】に背いて来た僧たち
 
○ 739


【仏陀の名】jala-dhara-garjita-ghosa-susvara-naksatra-raja-samkusumita-abhijna(梵和大辞典p.496)
  ○ 740 「天地と人形と,人体と宝舎とは,其の名を異にすと雖も,而も,其の源は一也」
     造伊勢二所太神宮,宝基本記
  ○ 741 【鏡室】(内侍所)
 
○ 742
【聖なる五音の神鏡】【聖なる五音の神經】
  ○ 743 【mandala】(音写して曼拏羅・曼荼羅・曼陀羅)
  ○ 744 明治神宮鎮座祭における表参道の奉祝門(大正九年)
 
○ 745
【聖なる五音の仏心印】
  ○ 746 【読書万巻,一事(一粒の種子)不知,以為深恥】(陶弘景)
 

○ 747 <仏陀の種子>は【神の種子】

  ○ 748 【道を盲聾に求むることなかれ】
 
○ 749
【聖なる五音の恒産】【無恒産者,無恒心】(孟子)
  ○ 750 【密教】 (超世間法) と 【顕教】 (世間法)
  ○ 751 <見ざる><聞かざる><言わざる>
  ○ 752 【宗派仏教は仏教にあらず (非仏説) 】
 
○ 753
【arya-panca-svara-mantra-ghostr】(大救世主)
  ○ 754 【宗教とは何か?】 (宗教研究者の最大の難問)
  ○ 755 【朝聞道,夕死可矣】 “論語の眼目”
  ○ 756 【道聴而塗説,徳之棄也】(論語の陽貨篇)
  ○ 757 God's teaching is only “the Word and the Symbol”.
     St.Jesus teaching is only “the Word and the Symbol”.
 

○ 758 【唯一なるもの】

  ○ 759 【知神,之謂得一】(呂覧)
 
○ 760
【五乘(panca-yana)】【皇室の教えは五乘】
 
○ 761
【聖体拝受】【ご神体拝受】【国体拝受】
 
○ 762
イエス聖の教えは【the Word】と【the Symbol】
 
○ 763
【鳥無き里の蝙蝠】と【伊勢神宮の斎宮の衣装のシルシ】
  ○ 764 【無知(無明)な指導者と眞の指導者】
 
○ 765
【無知の知】(ソクラテス聖)
  ○ 766 【五音神】(威大なる原初の神)(天津祖神)(唯一神)(最高神)
  ○ 767 【玉鉾道】は【神道】の別語
  ○ 768 【<蹲><蹲踞>を<ツクバヒ>と和訓す】
      (吾はthe Symbol of God's five wordsを知れば足る)
 
○ 769
【宗教の起源は聖なる五音の日の字の本の記号】
  ○ 770 【神明(天照大御神)は五音を体得し,
      <saha-tri>を主宰(ツカサドル)す】 (先代旧事本紀大成経)
  ○ 771 <saha-tri>を得て<saha-tri>を開く
  ○ 772 【<種子を蒔く人> のたとえの説明 】 (マルコ4-13)
      (たとえを用いて話す理由) (マルコ4-10・11・12)
 

○ 773 【人背神符一道】(出典は北夢瑣言)

 
○ 774
【聖観自在世音菩薩を知る者が居るか!?】
  ○ 775 【弘法普伝を択ばず】【弘法普伝の過り】
  ○ 776 【仏陀の教えは正法眼の蔵から流れ出る】(正法眼蔵)
  ○ 777 【一隻眼】(正法眼)(悟りを表す眼)
  ○ 778 【眼】は【丸】なり。【秘の丸】は【秘丸】にして【秘眼】
  ○ 779 【神明(天照大御神)は五音を体得された,saha-triの主宰神なり】
  ○ 780 【天照大御神から倭成への霊告】
 

○ 781 【天照大御神】(皇祖神)(皇室の先祖神)

 
○ 782
【聖人は神道の二字を以って教えを設く】
  ○ 783 【天の覆う所を宇と云い,地の由る所を宙と云う】
  ○ 784 【arya-vala-okite】(皇基)(皇基の振起)
  ○ 785 【人背神符一道】(出典は北夢瑣言)
  ○ 786 【道之不明,異端害之也】(程明道)
 

○ 787 漢訳<般若心経>の<是大神呪>

  ○ 788 【人は神の記号に似ている】これが “人は神の似すがた” と誤伝された
  ○ 789 <表の十誡>と<裏の十戒>(隠された十戒)
  ○ 790 【大救世主(God's five words の獅子吼者)は すでに,<日の本の国>に現れている】
 
○ 791

【先聖,後聖,其揆一也】(孟子)【先聖,後聖,其基一也】(倭成)(再説)
 
○ 792
【聖人執一,以静成】(揚権)
  ○ 793 【正教】と【不正教】(邪教)
  ○ 794 【道之大原出于天】(道の大原は天に出づ) 【諸仏の明門は天の五音に出づ】(仏陀)
  ○ 795 【天国(高天原)(彼岸)の秘儀の伝授】
  ○ 796 【仏の御器】【仏鉢】
  ○ 797 梵語<a-mita>(無量の)が<阿弥陀>と訳された
 
○ 798
【諸仏(諸聖人)の明門は天(最高神)の五音に出づ】
 
○ 799

【聖なる五音の日の字の本の記号】を【the Religion】と申す 【the Symbol of God's five words】を【the Religion】と申す
  ○ 800 【Buddha-pra-bhasita, tad yatha】(仏陀は話された。次の如く)
  ○ 801 【仏陀の教は天の五音(God's five words)に始まる!】
 

○ 802

St.Jesus teaching is only <the Word> and <the Symbol>.(イエス聖の教えは<the Word>と<the Symbol>のみ)
  ○ 803 【一盲衆盲を引く】 (宗派仏教非難】
  ○ 804 【尊 (ミコト) と 命 (ミコト) 】 (御言)(神言)
  ○ 805 【神の御言】と【神の御符】 “失われた【神言】(カミノミコトバ)と【神符】(カミノシルシ)”
  ○ 806 【世界は悪魔の支配下にあり】 (ヨハネの第一の手紙)
 
○ 807

【イエス聖の教えは失われた】St.Jesus teaching is God's five words and the Symbol of God's five words.
 
○ 808
聖人(ヒジリ)
 
○ 809
【聖なる五音の神符】は失われて久しいのだ
  ○ 810 【諸行無常】は仏説にあらず
 
○ 811
狭き門から入るべし(イエス聖) 難信・難解・難受持の門から入るべし(仏陀釈尊)
 
○ 812
【人生の目的は朝聞道,夕死可矣】(孔子聖人)
  ○ 813 【狭き門から入るべし】
  ○ 814 【自覚而覚他】(jneya-avabodhaka)
  ○ 815 【仏陀釈尊の叫び】は【天照大御神の叫び】
 
○ 816
【Buddha-nistha-agata-arya-phala】(仏陀が最後に得られた聖なる果実)
  ○ 817 【天津法図の太法図】を【Religion】と申す
  ○ 818 【God's symbol】(the Symbol of God's five words)を【Religion】と申す
  ○ 819 【一盲引衆盲】(仏教用語)
  ○ 820 【諸仏の妙門は天の五音に出づ】
 
○ 821
 
○ 822
【狭き門から入るべし】(イエス聖)(five by two)【難信・難解・難受持の門】(仏陀釈尊の門)    
  ○ 823 <詐欺罪>と<詐欺の師><詐欺の大師>
 
○ 824
【聖なる五音のReligion(天津法図の太法図)】
 
○ 825
余の弟子は余の教えを心から信ずる者(イエス聖)
 
○ 826
【イエス聖はなぜ処刑を受けられたか】(処刑を免れる方法はあった)
 

○ 827

【先聖後聖其揆一也】(孟子)【先聖後聖其<基>一也】(倭成)
 
○ 828
【失われたイエス聖の教え】(Lost God's five words and Lost God's symbol)
 

○ 829 永遠不滅の生命の言葉<A・YA・NA・WA-n>をお持ちの方から離れて,
      誰れの所へ行くと云うのでしょうか

  ○ 830 【the teaching of Christ】と【the teaching of Xpistos】
  ○ 831 【倭成から世界人類へのメッセージ】
 

○ 832 【ヨハネによる福音書1-1】(最大の謎の解明)

 
○ 833
【イエス聖が十二人の弟子にヒソカニ申された】
   
  ○ 834 【St.Jesus teaching is only God's five words(the Word) and God's symbol(the Symbol).】
  ○ 835 【Jesus teaching is only God's five words and God's symbol】
  ○ 836 【the Seed of God】(最高神の種子)
 
○ 837
【イエス聖の怒りを知るべし】ヨハネによる福音書6-47は【God's five words and God's symbol】が欠落!    
  ○ 838 Supreme Messiah born and comes into the world,for one purpose,
      to preach about the Word(God's five words)and the Symbol(God's symbol).
  ○ 839 【Jesus teaching is only the Word of life and the Symbol of life.】
      【the Word of life and the Symbol of life】
     (生命の言葉と生命の記号)(ヨハネの第一の手紙1-1)
  ○ 840 諸法実相観(sarva-dharmah satya-laksana-vipasyanah)
 
○ 841 【sarva-dharmah arya-vala-okite-avalokanah】【全き仏陀の教えは聖なる円環の掟の観察】    
  ○ 842 【一圓相を嗤う者は,一圓相に泣く】
  ○ 843 釈迦牟尼世尊の<牟尼>とは何か 【一言一字不説】と【一拳五指】
 
○ 844 【arya-panca-svara-nirvana-mudra-pariksa】(聖なる五音の涅槃の記号の観察)
 

○ 845 “代々絶えず 法のしるし(記号)を伝え来て,
     普く照らす 日の本の国”後宇多院 (後宇多天皇)

 

○ 846 【a-laksana】(無相)と【nir-laksana】(無相)

  ○ 847 原初の神(最高神)(天津祖神)の五言は人間の万言万句を絶す(五言絶句)
 
○ 848
【經文(經典)読みの經知らず】【論語読みの論悟知らず】
   
 
○ 849 【正門】は【聖門】にして【五門】なり。 それは【狭き門】なり。【神の門】なり【仏門】なり。
  ○ 850 宗教(Religion)のホントの意味は何か?
  ○ 851 【祚】(宝祚)
 

○ 852 【あなたがたの思考の延長線上にないこと】(信じ難く解し難いこと)

  ○ 853 【天の与うるを取らざれば,反ってその咎を受く】
 
○ 854
【聖なる五音の日の字の本の記号】の教
   
 

○ 855

【聖なる五音の日の字の本の記号の出たる国】
   
  ○ 856 【maha-adi-deva-ruta-arya-panca-svara-mantra】を
      “the Word of God”(God's five words)と申す】
  ○ 857 【五族協和】の誤解を正す
  ○ 858 あなたは答えられますか?
 
○ 859 聖なる五音の神言の獅子吼者(arya-panca-svara-mantra-ghostr)は,卑近なものを用いて,深遠な教えを説く
 
○ 860
【規矩円方之器】と【菊円方之器】
   
  ○ 861 【ニセ大乘】と【実大乘】
 
○ 862 【鳥無き里の蝙蝠】【悟無き里の蝙蝠】【仏陀の教(仏教)は,信じ難く,解し難く,受持し難き教】    
  ○ 863 【本立而道生】(本が確立してのちに道が生じた)
 

○ 864 <monos>を知る者を<mono>知り,と申す

 
○ 865
【聖なる五音の円方之器】
   
  ○ 866 諸法空(一切法空)(諸法皆空)は仏説にあらず!
 
○ 867 仏陀(如来)は“聖なる五音の日の字の本の記号”を説く 仏陀(如来)は“聖なる五音の日の字の本の記号”の正覚者    
 
○ 868 【聖なる五音の日の字の本の記号】の教えをインドで<仏教>と申す  【聖なる五音の日の字の本の記号】の教えをイスラエルで<キリスト教>と申す
  ○ 869 キリスト教の<God>は<maha-adi-deva>なり
  ○ 870 【the Word】and【the Symbol】 【Lost the Word】and【Lost the Symbol】
 
○ 871
三世諸仏・諸聖人の教を【円方之器】と申す
   
 
○ 872
【先聖後聖,其揆一也】(その基は一なり)(起源は一なり)
   
  ○ 873 【天地之図の創造者】【宇宙之図の創造者】
  ○ 874 【諸法実相】のタネあかしをする
 
○ 875 【神・仏の教えは聖なる五音の日の字の本の記号】これを略して【神仏の教えは記号】とした    
  ○ 876 【空論派(sunya-vadin)は仏陀の敵】
 

○ 877 【仏陀の敵(大悪人)とは誰か?】(奸臣は忠臣の如くに振る舞う)

  ○ 878 【a-vidya-yati】(無明の僧)(無明の指導者)
  ○ 879 【仏器】(仏鉢)(仏陀の遺鉢)(仏の御器)と【神器】
  ○ 880 【天照大御神の教(御図)を,仏陀釈尊は【法の記号】と説き給うたり】
  ○ 881 【the Word】(天啓)と【the Symbol】(天經)
 
○ 882
【仏陀(如来)(聖人)(救世主)の敵】(大悪人)
   
 
○ 883
【仏陀(如来)(聖人)(救世主)の眞弟子】
   
 

○ 884 【好事不出門,悪事行千里,好事魔多】

  ○ 885 【天津宣詞の太宣詞】(太言霊)と【天津法図の太法図】
  ○ 886 【無題】
  ○ 887 【あなたは上士か,中士か,下士か】
  ○ 888 【經文(經典)読みの經知らず】 【《論語》読みの經知らず】
 
○ 889 【<聖なる五音の日の字の本の記号>を知らない指導者を<okara-yati><baka-    
  ○ 890 【ekam sad-viprah bahudha-vadanti】 【唯一なるものを,眞の導師は,多くの別言で説く】
  ○ 891 【五音相通】(仏教用語) 仏陀を<五音相通>と申す
  ○ 892 【蹲踞(ツクバイ)】【仏の御器】【仏の御鉢(仏鉢)】
  ○ 893 【五知如来】(五智如来にあらず)】
 

○ 894 【実大乘(satya-maha-yana)と偽大乘(a-satya-maha-yana)】

  ○ 895 【かつて,誰も聞いたことが無い神の言葉と かつて,誰も見たことが無い神の記号】
 
○ 896
【聖観自在世音菩薩】
   
  ○ 897 【ヨハネによる福音書(第一章第一句)の誤りを正す】
  ○ 898 【諸仏の明門は天の五音(天啓)(the Word)に出づ】【宗教の起源は天啓】(広辞苑)
  ○ 899 【支那から伝来した般若心経は偽造されたもの】
 

○ 900 【mudra(記号)を抹消した<般若波羅蜜多>は仏説にあらず!】

 
○ 901
   
 
○ 902    
 

○ 903

   
  ○ 904 【釈迦仏教】と【宗派仏教】(ニセ仏教)(莫迦仏教)
  ○ 905 【釈迦仏教】と【莫迦仏教】(宗派仏教)
 

○ 906 【フリーメイソンに関する誤解を正す】

 

○ 907 【眞実の仏教は伝来しなかった!!】(ニセ仏教国,日本)

  ○ 908 【人類は何のために生まれるのか?】【人類は何のために生きるのか?】
 
○ 909 【破邪(邪教を破して)顕正(聖)(正教)(聖教)を顕現す】【顕現】    
  ○ 910 【全世界のフリーメイソンに告ぐ】(まことのフリーメイソンが世界を救う)
  ○ 911 【君子懐經,小人懐恵】(論語の里仁篇を改める)
  ○ 912 【遠離<一切>顛倒<夢想>,究竟涅槃】の誤解を正す
  ○ 913 【天台莫迦止観(天台馬鹿止観)】
  ○ 914 【仏陀の法(教)の要】【釈尊の予言】【万教帰一】【万法帰一】
  ○ 915 【pra-nasta-Buddha-sasana】(消滅された仏陀の教)(失われた仏陀の教)
  ○ 916 【正法の記号は拒否された】(sad-dharma-laksana-pratiksiptah)
 

○ 917 【正法の記号は失われた】(sad-dharma-laksanah pra-nastah)

  ○ 918 【Lost God's five words and Lost God's Supreme Symbol】
     (失われた神の五ツの言葉と失われた神の究極の記号)
  ○ 919 【the Emperor】と【the Supreme Emperor】
 

○ 920 【okara-yati】と【baka-yati】の時代(混迷の時代)

 

○ 921

【the Helper(the Holy Spirit)を遣わして頂くために,余(イエス聖)は此の世を去る】
 
 
○ 922
【聖なる五音の日の字の本の記号】の国の教え(日の本の国の教え)
   
  ○ 923 <原日本民族>と<原yudhaya民族>を【五族】と申す
  ○ 924 【Moses】(モーゼ)(モーセ)(モイゼ)が神から授かったシルシ
 
○ 925
【山上の垂訓】(イエス聖)
   
 

○ 926 【人類よ,目をさませ!】(宗教の起源)

  ○ 927 【珍宝】(phenomenon-morphe)
  ○ 928 【panca-svara-mandala】(五音の神符)を【penta-tonic-phenomenon-morphe】と申す
 

○ 929 【the Supreme Intelligence】=【the Supreme Being】=【God】

  ○ 930 【諸法(一切法)寂静涅槃(涅槃寂静)の誤解】
  ○ 931 神の言葉(God's five words)は,神の記号(God's symbol)
      (God's five words is the same as God's symbol)
  ○ 932 【明治天皇の五箇条の御誓文】
 

○ 933 【道徳】教育が出来る者が居るか?

  ○ 934 【Lost Goe's five Words】(失われた神の五ツの言葉)
     【Lost God's symbol】(失われた神の記号)
 
○ 935 (ソロモンの秘宝)(ソロモンの秘法)    
 
○ 936 【すべてを見通す神の目】    
  ○ 937 【世界に知識を求め,以って<皇基>を振起すべし】
     (明治天皇の五箇条の御誓文 第五条)
 
○ 938 【panca-svara-arya-vala-okite】の展開 【聖なる七五三縄の解説】    
  ○ 939 【学者は必ず規矩を以って教えよ】(孟子)
  ○ 940 【Lost symbol】(失われた神の記号)
     【失われた神の記号と失われた神の五ツの言葉】
  ○ 941 【天啓は凡人の耳に入らず】
 

○ 942 【我が国には得悟者は一人も居なかった】

  ○ 943 【仏陀(如来)の教えは唯一の記号なり】
  ○ 944 【宗派仏教は崩壊した】
 

○ 945 【宗教の定義】(宗教とは何か)

  ○ 946 【神言有太宗】(神言不離太宗)
  ○ 947 <A><YA><NA><WA-n>が英語の<One>(WA-n)のもと
 

○ 948

【麻の葉の日を知る人】を<日知り>(聖人)と申す 【籠目紋のなかの日を知る人】を<日知り>(聖人)と申す
   
  ○ 949 【失われた天啓と天經(大乘經)】(失われた宗教)
 
○ 950
【聖人執一,以静】(聖人は一を執りて以って静かなり)
   
  ○ 951 【仏陀の金言】
  ○ 952 【天皇は万世一經(五音の日の字の本の記号)の継承者】
  ○ 953 【国体護持】(無条件降伏は誤りなり)
  ○ 954 【<神のシルシ>を<キリスト>と申す】
  ○ 955 【宗派を越えよ】は【宗派仏教を超越せよ】なり
 
○ 956 【隠されて来た無上の宝】(ソロモンの秘宝)    
  ○ 957 【永遠なるものの祖形】(永遠なるものの原形)
  ○ 958 【a-i-de-a】(永遠不滅の原形・祖形)
  ○ 959 【如来(仏陀)・聖人・救世主の教えは,
     如来(仏陀)・聖人・救世主自身のものにあらず】(一切法無我見)
  ○ 960 【イエス聖の教は“ヨハネによる福音書”に明確にあり】
 

○ 961 【prajna-paramita】(般若波羅蜜多)は誤りなり
      正しくは【panca-svara-prajna-mudra-paramita】なり

  ○ 962 【光り(大救世主)は東方より】
  ○ 963 【高慢不遜な思い上がり者たちよ,仏陀の声を聴け】
  ○ 964 【正論】と【邪論】【正教】と【邪教】 【正宗】と【邪宗】と【正義】と【不正義】
  ○ 965 【如来印を示すことを許されたる者】(究竟覚位)
  ○ 966 【大乘仏教と小乘仏教】
  ○ 967 【仏陀の眞弟子(眞僧)が為すべきこと】
 

○ 968 【六波羅蜜行(まことの六波羅蜜行)】(仏陀の弟子が為すべきこと)

 
○ 969
仏陀(如来)とは【得悟者】にして【開悟者】なり
   
  ○ 970 【鳥無き里の蝙蝠】に告ぐ
 
○ 971
【不知神言(與言),無以知聖人(仏陀)也】
   
  ○ 972 【法相唯識の誤解】【法相宗(唯識宗)も戯論派】
 
○ 973
【鄒魯諺曰。遺子黄金満?不如一經】(韋賢伝)
   
  ○ 974 【天津霊嗣の御子】(Supreme Emperor)(受命の天子)
  ○ 975 【天津宣詞の太宣詞を宣れ】【五音の太宣詞】
  ○ 976 【知神,之謂得一。一者道也】(先聖)【読書万巻,一事不知,以為深恥】
  ○ 977 【gudha-ratana】(隠された宝)(秘密の宝)(秘宝)
 

○ 978 【gudha-mantra】(隠されたマントラ)と【gudha-mandala】(隠されたマンダラ)

  ○ 979 【大仏陀】(大如来)【大聖人】【受命の天子】【大救世主】(宗教ゴッコはやめなさい)
  ○ 980 【gudha-sasana】(隠された教え)(秘密の教え)
  ○ 981 【明治の廃仏毀釈は誤りなり】
  ○ 982 【故知,般若波羅蜜多,是大神呪】
  ○ 983 【常見外道】【断見外道】
  ○ 984 【天啓】(the Word of God)(panca-svara-mantra)
  ○ 985 【panca-yana】(五乘)=【Buddha-yana】(仏乘)【maha-yana】(大乘)
  ○ 986 【釈迦牟尼世尊】(最も重要な梵語はmuni)
  ○ 987 【太言霊】と【太法図】
 

○ 988 【隠されて来た天照大御神の教え】

  ○ 989 【五供養の誤り】【振り込め!詐欺師(詐欺僧)にだまされて来た日本人】
 
○ 990 【南無喝羅怛那多羅夜耶】(眞僧はいない!)    
  ○ 991 【天上,天下,唯我独尊】は釈尊の言にあらず
  ○ 992 【梵語<dharma>の訳例に<宗教>がある】(正しい宗教は世界に行われていない!)
  ○ 993 【仏陀の教えは誤解される】(sarva-dharmah yathavad-a-nidarsanah)
  ○ 994 【写経(写經)と写経文(写経典)】
  ○ 995 【一以貫之】(唯一なるものをもって,これを貫く)
 
  【論語】読みの【論悟】知らず。【經】知らず。    
  ○ 996 【<聖観自在世音菩薩>とは】
 

○ 997 【yudhaya教のシンボル(記号)】

 

○ 998 【天皇を<天津日継の天子>と申し上げる】

  ○ 999 【自己のタマシイのなかに聖なる智の記号(般若の記号)を入れること】
  ○ 1000 【眞僧と偽僧(悪僧)】
  ○ 1001 【諸法(一切法)無我】は誤解なり
  ○ 1002 【イエス聖の教えは,この一句にあり!】
  ○ 1003 【宗教の起源は天啓】(宗教家と宗教屋の区別)
 

○ 1004

【論語】と【論悟】(論語よみの論悟しらず)
   
  ○ 1005 【如来の第一義(第一の目的)(第一の仕事)(最大の仕事)】
  ○ 1006 【如来(仏陀)の眞弟子(眞僧)の定義】
  ○ 1007 【我が国には,ただの一人も仏陀の眞弟子(眞僧)はいなかった】
  ○ 1008 【人生の目的】
 

○ 1009 【mogha-mantra】(虚妄な神言)と【a-mogha-mantra】(有益な神言) 
        【mogha-mandala】(虚妄な神符)と【a-mogha-mandala】(有益な神符)

 
○ 1010
【悟の正覚者(正しく覚った者)を聖人・仏陀と申す】
   
  ○ 1011 【万教帰一】(万教同根)
  ○ 1012 【<五智如来>は誤解の産物なり】
  ○ 1013 【天津法図の太法図を<于図>と別言す】(節分の大豆まきは蛮習なり)
  ○ 1014 【maha-brahma-cakra-deva】(大梵輪神)
  ○ 1015 【panca-svara-mandala-namas-kara】(五音の神符の崇拝)
 

○ 1016 【大乘経】と【大乘経典】(大乘経文)

 

○ 1017 【<戒><定><慧>の三学(通説)を正す】

 

○ 1018 【神仏の教えは記号】

 
○ 1019
【得悟(得悟)と開悟(開悟)】
   
 

○ 1020 【子曰。徳不孤,必有鄰】(孔子聖)

 

○ 1021 【sad-dharma-laksana-prati-varnika】

  ○ 1022 【<saha-tri>を得て<saha-tri>を開く】
        (saha-tri-vidha-skandhaの省略)
  ○ 1023 【aditya-vamsa】(日種王統) (釈迦族)
 

○ 1024 【srila-anka】(吉祥なシルシ) の教

  ○ 1025 【仏陀の教 (仏教) に,密教と顕教がある】
  ○ 1026 【(maha)-adi-deva-samskrta-brahma-ukti】
       【原初の神が創造されたる清浄な言語】(梵語)
 

○ 1027

(悟の古字)  
 

○ 1028 【無二(唯一)の法の記号の教師】(仏陀)(如来)

  ○ 1029 【延命薬・不死の霊薬】(rasayana)
 

○ 1030 【<前方後円墳>は誤りなり】

 

○ 1031 【達磨大師の禅を,<如来禅>(如来が教え給うた禅)と申す】

  ○ 1032 【maha-adi-deva-dvara】(天津祖神の門)(天神の門)
  ○ 1033 【<五色><五音><五味>】(老子 第十二章)
  ○ 1034 【五色令人盲目】(五色令人目盲)
  ○ 1035 【天津璽】(天津法図の太法図)
 

○ 1036 【五音の仏陀の教えを知るべし,知らしむべし】(仏勅)

  ○ 1037 【仏身】(仏陀の身)(Buddha-kaya)は【五識身】
  ○ 1038 【sad-vipra】(大導師)(無上師)が現われる理由
  ○ 1039 【satya-mantra】(眞実の神言)と【satya-mandala】(眞実の神符)
  ○ 1040 【天照大御神の教えと仏陀の教えは同じ】
  ○ 1041 【天津霊嗣之尊(受命の天子)】
  ○ 1042 【梵語学の基本は,<A><YA><NA><WA-n>の五音の学】(人類必須・必修の学なり)
  ○ 1043 【嘘も方便】
 
○ 1044
【五教(五教)(正教)】
   
  ○ 1045 【大乘(maha-yana)と小乘(hina-yana)】(仏教学界の通説を破す)
  ○ 1046 【温古道而知神道】(温古知神)(温故知新)
  ○ 1047 【大乘仏教と小乘仏教の誤解】
  ○ 1048 【知恩報恩】(恩を知りて,恩に報いる)【知音報音】
 

○ 1049 天照大御神の教えは【天津宣詞の太宣詞】(太言霊)と【天津法図の太法図】

  ○ 1050 【我が国は仏教国にあらず。ニセ仏教国なり】(仏教学者たちよ,顔を洗って出直せ)
  ○ 1051 【宿世の業病を<無明病>と申す】(仏陀は<無明病>を治すから医王と云われる)
  ○ 1052 【遠離一切顛倒夢想,究竟涅槃の誤伝・誤解】
  ○ 1053 【世界に宗教は行われていない!】
  ○ 1054 【論語の結句】
 

○ 1055

【これは<悟>の古字なり】    
 

○ 1056 【鳥無き里の蝙蝠坊主】

  ○ 1057 【大仏陀を<panca-brahma-svara-vadin>と申す
           <panca-svara-mantra-vadin>と申す】
  ○ 1058 【聖人】(日知り)(日の本の国を宗源国と申す)
  ○ 1059 【人はパンのみのために生きるにあらず】
      【最高神が告げ給うたる,五ツの言葉の学びのために生きるべし】(旧約聖書の申命記)
 

○ 1060 【梵語(サンスクリット)を習得し,梵語の経典(経文)を読破すれば,
      仏教がワカルと思うのは,浅慮なり】

  ○ 1061 【satya-mantra(眞正マントラ)とa-satya-mantra(不正マントラ)】
       【satya-mandala(眞正マンダラ)とa-satya-mandala(不正マンダラ)】
 

○ 1062 【一切世間難信難解之法門】(仏陀の門)(仏門)
       (sarva-loka-vipratyaya-anika-dharma-paryaya)

 

○ 1063 【篤く<仏陀>と【法の記号】と<眞僧>を敬うべし】(仏・法・僧の三宝は誤り)

  ○ 1064 【仏陀の究極の言葉と究極の教え】
  ○ 1065 【教会は五ツの言葉の学びをする所】(パウロ)
       (寺も五ツの言葉の学びをする所)
 

○ 1066 【Religioner】(宗教家)(聖職者)とReligionist(宗教屋)
      【Philosopher】(哲学者)とPhilosophist(哲学屋)(詭弁屋)

 
○ 1067 【<悟>の教えを仏教と申す】    
  ○ 1068 【まことの仏教は伝来していなかった】
 

○ 1069 【梵語<adana>と<dana>について】

  ○ 1070 【聖人不欣論世言,欣在論正言】(倭成)
      (聖人は世言を論ずるを欣ばず,欣びは正言を論ずるに在り)
  ○ 1071 【彼岸に到る(高天原に到る) (天国に到る)
      智の記号(般若の記号)は,無上の神言なり 無上の神符なり】
  ○ 1072 【仏陀(如来)(聖人)を“arya-vala-okite”の教師と申す】
 

○ 1073 【釈尊が舎利弗長老に厳命された言葉】(抹消された厳命)
       (この厳命を知る者はただの一人も居ない)

 

○ 1074

【仏陀は<悟>の正覚者なり】    
  ○ 1075 【人の象に似たる正法の記号を広く流布せしめ,広く宣説せしめ,広く建立せしめよ】
 

○ 1076 【ratna-kusuma-sampuspita-gatra】(仏陀の名)(おワカリですか?)

  ○ 1077 【vigata-laksana-pudgala】(不幸な人) (不運な人)
  ○ 1078 【僧が第一に為すべきこと】(令開仏知見)
  ○ 1079 祇園精舎の梵鐘の声 諸行無常と鳴りはせぬ
  ○ 1080 【かけまくも,<A・YA>に畏き,于図の御前に,畏み,畏み白す】(神官の宣り詞)
 

○ 1081 【i-con】(ai-con)(聖なる記号)について

  ○ 1082 【di-vine】と【bi-o】について
  ○ 1083 【仏陀の眞弟子(眞僧)は居ない。ニセ僧ばかりだ!】
  ○ 1084 【一生ワカラヌ(難信・難解の)五音の神符】
  ○ 1085 【基符督励教】(基督教)と【詐欺師】について
 

○ 1086 【彼岸に到るために,僧がしなければならない六ツの行為】(六波羅蜜行)

 

○ 1087 【三世諸仏・諸聖人の教えは<天円・地方・道>なり】(大救世主が出現せり)

 

○ 1088 【<ヒ><フ><ミ>の神示】

  ○ 1089 【孔子聖に代わりて倭成が申す】【釈尊に代わりて倭成が申す】
  ○ 1090 【仏陀の教(仏教)のkey-word】
  ○ 1091 【自得度而得度他】【自得悟而得悟他】
  ○ 1092 【<天啓と天経>の教,これを<宗教>と申す】
  ○ 1093 【梵語学者の限界】
 

○ 1094 【subha-ratana(ratna)-traya】(三ツから成る吉祥な宝)

  ○ 1095 【仏陀の金言】
 

○ 1096 【神・仏の教えは<記号>なり】

  ○ 1097 【人はパンのみのために生きるにあらず】(旧約聖書の申命記)
     【三一神が告げ給うた言葉を知れよ】
  ○ 1098 【adana】(受けとること)と【dana】(与えること)】
 

○ 1099 【sad-vipra(眞の大導師)の声を聞け!】

 

○ 1100 【一神の定準を高台に安置して斎きまつれ】

  ○ 1101 【神の言葉を聞き,神の言葉に従う者たちは,何と幸いなことか!!】
 

○ 1102 【東の国の,威大なる,輝ける太陽のような女神が授け給うたる,特別の神言と神符】

  ○ 1103 【神が許可し給うたる天からの記号】【The sign from heaven that God approved】
 

○ 1104 【God's prajna-mudra】(最高神の智の記号)と【イエス聖が処刑された理由】

  ○ 1105 【仏教徒(僧と信徒)が為すべきこと】(必須不可欠の条件)
 

○ 1106 【仏陀(如来)の教えの究極】

 

○ 1107 【正覚者(ワカッタ人)に聞けばワカル】(不覚者に聞くからワカラナイのだ)

  ○ 1108 【仏教はいっこうに明らかにならない】(大権威者の告白)
  ○ 1109 【最重要な<ヨハネによる福音書1-1,1-2>】
  ○ 1110 【(まことの)般若心経は神言(mantra)と神符(mandala)の教え】
  ○ 1111 【人はパンのみに生きるにあらず】
  ○ 1112 【外見ばかりで内実がないことは,かなしきこと】
 

○ 1113 【倭成の教え】

  ○ 1114 仏陀(如来)とは【tri-vidha-arya-ratana-mudra-vadin】なり
  ○ 1115 【仏陀の門は,難信・難解・難受持の門】
 

○ 1116 【法灯明,自灯明】は誤伝なり 【法依,不依人】は誤伝なり

 

○ 1117 【仏陀の弟子の必須の条件】(僧の条件)

  ○ 1118 【記号の拝受と記号の拒否(否定)】
  ○ 1119 【色即是空の誤りを正す】
 

1120 【般若波羅蜜多は仏説にあらず】

  ○ 1121 【仏勅】(宣説・建立・像似正法・広令流布)
 

○ 1122 【法の記号を知る者は,如来を知る者】

  ○ 1123 大仏陀(別言して如来)(別言して受命の天子)(別言して大聖人)(別言して大救世主)
 

○ 1124 人はパンのみに生きるにあらず

  ○ 1125 【仏教の教主・釈迦牟尼世尊とは次のようなお方】
 

○ 1126 【仏陀・釈迦牟尼世尊の金言】

   
  ○ 1127 【一法相,是如来之覚】    
 

○ 1128 (正法念処経)

   
 

○ 1129 【法の記号が除外された教え】

   
 

○ 1130 【宗旨がたまり】(宗派がたまり)

   
 

○ 1131 《新訳仏教聖典》(木津無庵編・大法輪閣版)p.650より

  ○ 1132 【叡聖正名,叫五音】    
 

○ 1133 【世界の王のしるし】

   
  ○ 1134 【人の象(カタチ)に似たる正法の記号を宣説し,流布し,建立安置すべし】(仏勅)
  ○ 1135 倭成が成道の時に読みたる句    
● 略歴
   
● 著書一覧(1)
   
  ○ 1 神仏の教えは記号第一巻〜第十巻
   
  ○ 2 神仏の教えは記号第十一巻〜第十六巻
   
  ○ 3 平成13年〜平成16年
   
● 梵音(佛説)般若心経の主な献本先
   
  ○ 1 神社・寺院・教会
   
  ○ 2 大学・図書館・研究室
   
  ○ 3 新聞社・出版社
   
  ○ 4 教授・学者・名士    
● 著書一覧(2)    
  ○ 昭和53年〜平成5年    
● 商標登録証
   
● お問い合せ    
       

最初のページ   重要メッセージ   略歴   【神仏の教えは記号】・【平成13年〜平成16年】の著書   献本先   【昭和53年〜平成5年】の著書   商標登録証
最初のページ   重要メッセージ   略歴   略歴   現在表示しています   English   お問い合せ

   
ss